« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月27日 (土)

ケンタやります!

どうも。ツイスターの虜、イサザです。

・・・竜巻じゃないですよ?!

KFCのツイスターのことです。

・・・夏恒例!ケントデリカット・ファミリー・キャンプじゃないですよ?!

ケンタッキーフライドチキンのことです。


昨日も学校帰りに、KECに行ったんだけど、

オレの前でサイババみたいなおばさんが、

なんやかんや店員に言っててさ。

どーも話を聞いてると、ポテトサラダの選択に悩んでるらしいの。



店員「・・・いかがなさいましょうか??」


おばさん「う~~ん・・・サラダってどんなのよっ!」



もうだいぶ話を行ったり来たりしてる様子。

ちょっとウンザリ気味の店員がサラダを取り出しました。


「えぇ~、こちらになりますがぁ~。。」


すると、おばさん・・・



「あら!かわいいわね!これちょうだい!」



こういう会話って普通、聞き流すもんなんですかね?

もぅ~オレは心の中で、間髪いれずにツッコミましたよ・・・




おまえ、それ飾んのかよっ!!!」




観葉植物じゃあるまいし、おまえそれ食うんだろ?!

どーして、かわいさが決め手になるんだよっ!


「ただいまの決まり手はぁ~かわいさでぇ~沙羅汰の勝ち」


前回の日記を引きずらすんじゃないよ!!


こういうおばさんってたいていレジに辿り着くまでに

まったくビジョンがなくて、そこで初めて考えるんだよね!

しかも頼み方も超アバウト!!



「あとそれとぉ~・・・お肉のやつ!」


ここ売ってんのたいていお肉ですけどっ!




もうね、おばさんのおかげで行列ができる店状態。

店員も律儀に対応してるからダメなんだよ!!

こんなおばさんはこうさばかないと・・・





「お客様!こちらのかわいいセット

 いかがでしょうか?!」

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

海外の太っちょ

お久しぶりです。

先週?あたりのことなんだけど、

地元一ガリガリで野心の欠片も感じさせないくせに、突如

「人の役に立ちてぇ。」という言葉を残し、

見事、地方警察官となったソマという男が

ひさしぶりにこっちに遊びにきたんです。


で、彼がうちのLANケーブルをいじるや否や、

うちのネットが繋がらなくなってしまうという事態に!!



「おいっ!まずはオレの役に立ってくれよっ!」



・・・ちゃんと叱ったんだけど、

彼はもうナミエ アムロのDVDに夢中。。


散々、うちの秩序を乱してくれたあげく、

しゃもじの製図をチマチマとやってるオレを横目に、

気づいたら爆睡こいてるポリスメン


そんなわけで、いま実家の親のPCより更新中であります。



で、この間にちょっと言いたいことが溜まってきた!

というわけで、今回は相撲!!


オレ、ホントついこないだ知ったんだけど、

白鵬ってモンゴル出身なのね?!

『綱取り真近っ!』・・・とか騒いでるけど、

もしそうなったら横綱2人共モンゴル人かよっ!





もぅモンゴル相撲でいいんじゃないかっ?!




もはやそんなもん国技じゃねー!

伝統がどうのこうのとか言って、


女性は土俵に上げるべからずっ!」


・・・とか以前に、もっと大事なものが踏み躙られてる気が。。

でもね。

モンゴリアン問題よりも、もっと気になることがあるんだよ。


それは白人力士の違和感。


白い肌!青い目!ブロンドの髪ぃ~!

・・・に、まわしは合わない。


もはやそれはタモリにTシャツは合わない”レベルではなく、

子供が描いたサルがミカンを握り締めてるくらいの違和感!


そしてなんと言っても四股名ね。

オレもギリギリ、琴欧州までは目をつぶってた。

だいぶおかしいけどね。

もしこれ日本人なら琴亜細亜って言ってるようなもんだもん。

どー考えても、枠がでかいだろう!


でも、あいつの前じゃかわいいもんだよ。

北欧バルト三国バルト海に面した国)の内のひとつ、

エストニア出身の新星・・・



その名も、把瑠都!!


ヤンキーの当て字かっ!!



もしこれ滋賀県民に置き換えたなら

美輪子(びわこ)」って考え方だぞこれっ!!


なぜか美輪明宏のご子息みたくなっちゃったぞっ!!



なんかもぅ~めちゃくちゃっすわ相撲。

伝統も何もあったもんじゃない。

いまこそ日本人がんばれっ!!!




警察官がガリってる場合ではないっ!!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

母の日

のようだ。

重心がおかしい。


たまにふらっと飯を食いに実家に戻るんだけど、

玄関を開けると同時に、

ボーダーのTシャツを着たオカンが目に入る。



海賊の子分かっ!!」



太った奴がボーダー着ると、海賊の下っ端みたいになる。

しかもTシャツが無駄なお肉のせいで伸びちゃって、

ボーダーのラインが若干細く見えてしまう。

これはデザイナーに対する冒涜でしかない。


そんな意識などサラサラないオカンは・・・



「誰が海賊やねんっ!!」



ものすごく真っ当な返しをするんだけど、

ダイエットの為に始めた太極拳をジワ~~~っとしながら、

会話を続けるその姿は異様だ。



ま、その話は窓際の日の当たる場所に置いといて・・・・


・・・聞けば、今日は母の日だという。

買い物をしている途中、

連れの方カーネーションなる花を買っていたのだ。


オレも大人だし、それくらいのもん買ってあげようかなぁ~

・・・とも、思ったんだけど、



だと間違えて食べちゃうかも!」



・・・と、ギリギリで思いとどまり、そこはスル~。

で、思い出したのが前出のエピソード。



海賊から足を洗わせてあげよう。」



結果、Tシャツを買ってあげることに。


・・・で、その後、街をちょろっと詮索し、


ヨー●ドーにはオシャレなの売ってへん!」


が口癖のオカンをうならせるには充分のTシャツをゲットし、

実家のオカンへプレゼンツ☆

思いもよらなかったのか相当嬉しそうである。


「それ、一応リバーシブルらしいよ。」


気付かなかったらなんなんで、

そんな一言説明を添えてあげたんだけど・・・





りばぁしぶる??」



今年一番のにぶち当たった、学のない海賊!!

太極拳よりも先に色々学ばないといけないものが

他にもきっとあるんじゃないか?海賊

この世はでっかい宝島だぞ!


ここは私、黙って海賊自身の力に委ねました・・・

己の力で解読せよ!




はそのT字型の布に隠されておろう!



すると海賊・・・


「これ、にもがあるで?!」


正解に一歩近づいた海賊に、オレ・・・




「・・・見えないオシャレだよ。」



つい、ウソをついちゃう。

ま、すぐにちゃんと教えてあげたけどね。


こういうことができるようになると、

多少、大人になれたような気がするね。

1年に1度くらい優しくしてあげよう。


で、最後に!


母の日とはまったく関係ないけど、

今日、街を歩いていた際に見つけた、

とあるお店の前に貼ってあった注意書きを紹介↓




20060514
















おまえ!絶対追いかけてこいよなっ!!

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

おんどれボンゴレ!!

ボンゴレをコンビニで買ったのよ。昼に。

で、レジで・・・・



「あれ?いま店員フォーク入れたかな?」



・・・って、ちょっと気に掛かったんだけど、

あえて確認せずに、そのまま家まで持ち帰ったわけ。


で、案の定、入ってないわけ!

もぅーー、どっちらけなわけ!!


まぁ、コンビニの時点で確認すればよかった話なんだけど、

そこで確認したときに、もし万が一フォークが入ってたら、

その確認する行為の一切が無駄になるわけじゃん?!



「・・・うわっ!フォークこっち見てんよっ!

 普通に入ってんなら確認なんてするんじゃなかった!」



そんなのシャクじゃん!

損した気分になるじゃん!骨折り損のくたびれ儲けじゃん!

骨も折れてないし、くたびれるような行為じゃないけどっ!けどぉ!!


前にフォークの代わりに割り箸が入ってたことあるけど、

今回はコンビニ袋の中身を見る限り、

素手ぇ~と パスタ~の間にはぁ~♪(ミユキ ナカシマ風)

必ず必要な仲介業者的存在の姿がまったく見当たらない。



「最悪スプーンでもいい!スプーンでもいいから!!」



そんな謙虚すぎる想いすら届かないのである。

いつの間にそんな崇高たる存在になったのだ、コンビニよっ!

いつの間に「あるといいながある」が、

なくちゃいけないものまでない」になったのだ、コンビニよっ!

イ・ビョンホンのDVDはいつになったら売れるのだ、コンビニよっ!


結局、家のステンレスフォークを使ってボンゴレ食ったんだけどさ、

なぁ~~~~んか切ないというか、バカっぽいというか・・・


発泡スチロールの器に盛られたボンゴレはぁー!

やはりプラッチックのチープなフォークで食したいでありますっ!!



ボッコボコのベンツに乗って浮かれている

頭の悪い大学生みたいな気分で食うボンゴレのまずいことっ!!!




身の程を知れ~ぃ!!」




かっこつけてステンレスで発砲スチロールに挑む己を戒めるため、

心の中に棲みつく松田優作から喝が入りますよそりゃ。。


・・・結果、泣きながら素手ボンゴレを完食したのでした。

おしまい。






・・・え?・・・はい。最後の一行はウソです。

フォークでフィニッシュまでいかせていただきました。。


若干のフィクションをお許しください。でもそれ以外は真実です。








・・・え?・・・はい。最後から二行目もウソです。



僕の心松田優作は棲みついてません。



若干のフィクションをお許しください。今度こそそれ以外は真実です。


ちなみに、松田優作はそろそろ手を出そうと思っているところです。

オレが真似をしだしたら冷静に注意してください。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

ボーボーに変貌

GWが明けても、会社に行かないオレ。

だって辞めたからね。

ま、ここで社会への無所属感を感じてもいいんだけど、

もっとパッと見で感じるものがある。

ま、見てもらったほうが早いでしょ~↓









Photo_12















日本人が好きな偉人・第一位織田信長だそうだ。

ドラマやなんかで演じられる織田信長はたいていこんなヒゲだ。

だからこの見た目だけで・・・平気で猫をグーで殴りそうだとか、

スパナを本来とは別の用途で使う為に常に持ち歩いてそうだとか、

逆さにしても顔に見えそうだとか、

そういう評し方はできればしてほしくないのである。


もしも、何か物申したいことがあるのなら・・・



「良し悪しは別にして、

 織田信長ばりのヒゲだね。」



・・・と、声をかけて欲しい。

そして、もし勢い余ってチョビヒゲにしたときは、もちろん・・・



「良し悪しは別にして、

 チャップリンぽい ヒゲだね。」



・・・と、声をかけて欲しい。

要は、ヒゲがオレに似合ってるどうこうではなくて、

そのときのヒゲがどんな偉人に似てるかが重要ってこと!!


で、いつかは言わせたい・・・




ダリかよっ!!」

サルバドール・ダリ (1904~1989)

うねうねの時計とか変な世界を描いた変なヒゲの変な人

Dali_1

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

しょぼいGW出だし

GWに突入したと同時に、が出ました。


このたび38.5度


なんだかしょっちゅう不調すぎて、

不調であることが正常みたいな。

一度、ある方にこんなことを言われたことがあるしね・・・



「出会ってからいままで

 風邪を引いていないところを見たことがない」



そんなこと言われる人をオレは見たことがないよ。



で、それがオレなのかよっ!!



これから新生活がんばるぞっていうときにこれだ。。

ゴールデンゴの字もない1週間の幕開け。


ヒゲもだらしなく生やしっぱなし。ぱなし。実際の話。

鏡に映った自分を見て・・・

「お、少しやつれたかな?」

・・・なんて思ったけど、よくよく見ると、

ヒゲのおかげで輪郭に陰影が付き、

曖昧なアゴをキリリッと引き締めていただけのようです。


オレは騙し絵かっ!!



で、ここからは完全に余談ですが・・・

あの尾スズキ氏によると、

“ヒゲで小顔っぽくしてる有名人大賞”は、

あのジョージルーカスだそうです。う~ん納得。


まぁ、なんとか体調も回復し、

さっそく学校の課題に取り掛かろうと思い、

最近暑いから、久しぶりにクーラーでもつけよーと、

エアコンにスイッチ入れると臭ぇ~のな!!

オレのやる気を削ぐには充分すぎる要因だよ。。


たしかに去年振りの冷房ON

無論、掃除なんてろくにしてないさぁ~。

それは胸を張って言える!

けど、何このイラ立ち!!


涼しぃ~けど、付けると臭ぇ~わ、消すと暑ぃ~わ。


でも、暑いのが何より苦手なオレは、

涼しぃ~けど臭い環境をチョイス。




「あぁ~暑いと何もやる気にならないからなぁ~

 臭くても涼しいだけありがたいなぁ~

 ま、ちょっと臭いけど、ないより数段いいよ

 ・・・・・臭いけどね・・・・・臭いね・・・・・・


 ・・・・うぉいっ!これ、何臭だ貴様っ!!


 中身どーなっちゃってんだよっ!!」




ちゃんとエアーをコントロールしろよっ!と。。

おまえが部屋を汚してどうする?!

より良い環境にするのがあなたの役目でしょうよ!

なに?掃除をするのはオレの役目だって?!




知りませんよそんなこと!!



みんなエアコンちゃんと掃除してんの??

絶対臭いの我慢してるはずだよ!!


とりあえず、GW中に一度掃除するぞ~。たぶんな~。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »