« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月25日 (日)

15ポンドは如実に語る

これはオレだけの感覚なんでしょうか?


よく、食事をすると相手の人と成りがわかるなんて言うけど、

ボーリングにそれをものすごく感じてしまうという感覚。


球を放るときに音もなくシャーーー☆と転がす人とか見ると、

「うわっ!めっさ優しいじゃん!!」

・・・って思うわけ。


逆に、床にガンッ!!って、放ってる人を見ると、

怖っ!!」

・・・って思うわけ。


ま、そこには技術という要素も介入してくるから、

下手な人はスッポ抜けちゃったりもするんだろうし、

一概にそうとは言い切れないんだけど!

上手くて、かつ ガンッ!!指数 が高い人に関しては、

人としてダメな奴・・・っていう印象を強く受けるんです。



がなさそうだな~!!」とか、


「こいつ絶対、平気で殴れるよっ!!」とかね。



そういう人ってたいていレーンへの労わりなど一切見せずに、

鼻毛出しながらガバババと笑ってるな。

これは統計学(オレ調べ)からいって90%は確実に。


繊細とため息でできているメンタル小鹿なオレは、

そんな豪傑見るたびに、プチ岡田美里状態ですよ。

ちょっとしたPTSD(心的外傷後ストレス障害)!

まぁ、多少大袈裟には書いたけれど、


「床が泣いてるっ!!」


・・・くらいの気持ちには本気でなるね。


床の立場になって考えたらガンッ!!はできないでしょう??

レーンがカエデの木じゃなくて、恩師でできてたらどうする??

オレにはガンッ!!はできない。

せめてシャーーー☆っと放りたい。


あくまでこれはさっきも書いたとおり、技術がありながらも、

床の痛みを省みない奴に対して言っているのであって、

女の子にはかわいらしく・・・


ガンッ♪コロコロコロ


・・・とか、そんなんで全然いいです!むしろいいです!

めちゃくちゃキレイなフォームシャーーー☆をやって、

ストライク取るときもピンが倒れるのを見守るまでもなく、


「しゃっ!!!!」


・・・の叫びと共に、ガッツポーズがセットで付いてきたら引きます。

それはそれで人間性を疑うね!




演じろよ!!!と。


これはカラオケにも通ずるところがあって、、

自分が好きな子に、例えばUAを歌い方まで完コピされたとしよう。


「上手いよ。上手いんだけどさぁ~・・・・







 かわいげを重んじろよっ!!」



・・・と言いたい。


これも別に恋愛対象として見てない女の子とかだったら、

全然いいし、むしろ色んな曲歌ってるのを聴いてみたい。

だけど、惚れてる女の子にそんなことされたら、

誠に申し訳ないけど、百年の恋も冷めるね。



ちょっと前に、友達とその彼女込みでカラオケ行ったときに、

「私、歌うの恥ずかしいですぅ~~」

・・・とか事前に言ってたその子が、マイク握った瞬間、

目つきがギンッと変わり、言われてもないのに席を立ち、

中森明菜も真っ青な本意気のイミテーション・ゴールドを熱唱!!


オレ、そんときめちゃくちゃハラハラしたよ!



「(友達)よ!すでにこれは体験済みなのか?!」


「これからもちゃんと仲良くやっていけるのか?!」



見た感じニコニコしてたから、

すでにその垣根は越えてのお付き合いだったみたいなんで、

ホッとしたけどね。ラヴ イズ オーケー。

・・・・あっ!いつのまにかカラオケの話になってた!



ボーリングだよ!ボーリング!


オレがボーリングマナーの中でも特に人間性を疑うのが、

ここからはワックス塗ってありますよラインあるじゃん?!

あそこを踏み越えてしまうのは許せるんです。


ただそのあとにピンが倒れるまで、

踏み越えたその足をどかさないまま仁王立ちしてて、

ピンが倒れたあとはその場で身振り手振りのオーバーアクション。


「惜しい~!!っざけんなよぉ~!!!」



おまえがふざけるなと。



力士にとっての土俵よりも、デリケートな場所だろそこって!

聖地ですよ聖地!メッカ



おまえがふざけるなと。



この気持ちを例えるならば、

オレの心の中の大切な何かを踏みにじられているようなもの。。


レーンは、オレの心の中の大切な何かでは決してないし、

実際にそうだとしたらオレ生きていけないけども!!!!


オレはぶっちゃけボーリング下手な方だけど、

そういうメンタル面では出来た人間だと自負してる。

下手っていうのも、もしかしたら・・・


ピンを倒すなんてかわいそう!」


・・・っていう、心に宿る潜在意識が邪魔してるのかもしれない。

できることなら最後に「0」を刻みたい、みたいな。

でもピンをいかに多く倒すかを競うゲームでそれはありえないし。


「倒したくない!でも倒さなくては!」


その葛藤に打ち勝つことが、

ボーリングというスポーツの真の姿と捉えるならば、

オレは毎回パーフェクトなんだけどね!


だいたいピンを多く倒したからってなんなんだ?!

勝ち負けの概念なんて、個々で違っててもいいじゃないか!

あんな遠いとこに置いてあるひょうたんみたいな物体を、

鉄球で倒す必要がどこにあるんだ!なんなんだボーリングって!


やってられっか!!キェ~~~!!!!



・・・最後の最後で本音が出ましたが、

結婚する前に一度もボーリング行ったことないカップルは、

明日にでも行って、相手の本質を確かめるべきだね。





これからお見合いするなら、

いっそボーリング場でどうぞ。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

談志の失態

クロアチア戦が始まる前に書いておきたいことがある。


番組名はわかんないんだけど、東京MXテレビでやってる

立川談志が言いたいことをズバズバ語る番組で、

今回のテーマがW杯に盛り上がる日本人だったわけ。


ザッピングしながらたまたま映ったこれに目が止まったオレ。

彼が語った内容を羅列すると・・・



「マスコミの騒ぎ立て方が異常だろ?!」


「負けると口にするといけないような風潮じゃないですかぁ!」


(北野)武あたりでも言えないのか?!」


「じゃ~言ってやりますよ!日本は負ける!」


1億賭けたっていいですよ!」



言いたいことはよくわかる。


たしかにサッカーに興味がない人からすると、

信仰に近しいサポーターの熱気というものには、

理解に苦しむだろうし、気色悪いに違いない!


オレは個人的には立川談志は嫌いじゃないんです。

どちらかというと好きな部類です。

だからこれによって彼を腐そうとするつもりはないんだけど、

誰もツッコまなかったので、僕が・・・・







Dansi











青いの付けちゃったよっ!!!!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年6月16日 (金)

こちトラ自腹じゃ・・・素人だから!

あえて、日本代表にはここでは触れないでおこう!

クロアチアに勝て!そんだけ!!



で、話は変わって映画の話。

おそらく、日本人の平均値より若干上をいく映画好きなオレは、

映画に誘われれば骨折してても断らないくらいの熱意があるし、

やる気のないバイト君よりも、TSU○AYAに通っているので、

当然、陳列にも詳しい。

「おい!君!なんなら、オレに聞いてくれ!」と言わんばかりだ!


というわけで!今回は・・・

最近(?)観た映画を適当にピックアップして、

一言映画批評をしていこうと思う。

当然、これは主観的なものなので、気を悪くせずに!




【ジャケット】 ★★★★★★★★☆☆

新感覚サスペンス。いい意味で裏切られた。


【リンダリンダリンダ】 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

ダラダラダラ。女子高生のくせにテンション低すぎ。歌良し!


【オールドボウイ】 ★★★★★★★★★★

俳優陣(特にチェ・ミンシク)最高!脚本、エグイけど最高!


【エターナルサンシャイン】 ★★★★★★★☆☆☆

ジムキャリーはこういう普通の演技のほうがいい。


【ドラムライン】 ★★★★★☆☆☆☆☆

演奏シーンかっこいい!終盤もっとおもしろくなると思ってた。


【復讐者に哀れみを】 ★★★★★★☆☆☆☆

救いがないけど、韓国サスペンスのこのテンポはやっぱり好き。


【殺人の追憶】 ★★★★☆☆☆☆☆☆

オチが納得いかず。それだけが低評価の原因。


【THE・有頂天ホテル】 ★★★★★★☆☆☆☆

三谷作品はどうしても【ラヂオの時間】と比べてしまう。


【アイランド】 ★★★☆☆☆☆☆☆☆

あまり印象に残ってない。


【バタフライエフェクト】 ★★★★★★★☆☆☆

藤子・F 先生の世界。マンガ的に気楽に楽しめる。


【ALWAYS 三丁目の夕日】 ★★★★★★★★★★

ベタ。展開読める。演技がクサイ。でも、めっちゃステキやん☆


【キングコング】 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

でかいゴリラをひたすらかばう女。よっぽど恐竜の方が貴重。




・・・・と、書き出したら切りがないので、ここらでやめときます。

なんかオススメがあったらぜひ教えてください!!


最後に、TSU○AYAで見つけた気になったDVDを紹介します。





Photo_17



















ウディ・アレンの 誰でも知りたがっているくせに

 ちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう】


くせにって!!!!

人に聞くこともできないナイーブな奴

これ借りることもできないと思うぞ!!



・・・一応確認だけど、おまえにSEXのすべてを語れるのか?!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

絶対に負けられない戦い

『絶対に負けられない戦いがそこにはある』


このキャッチ、好きです。燃えてくる!

とても整理されていて、かつ、熱い!

これサッカー興味ない人には伝わらないかなぁ~?!

燃えてこない?今日、ついに日本戦ですよ!そしてこのキャッチ

重々しぃ~~~~口調で隣の人に囁きたいね☆


絶対に負けられない戦いがそこにはある・・・カミングスゥ~~ン


・・・とか、勝手に後ろに付け加えて、隣の人を困惑させたい。


「えっ?!その映画まだ観てない!!」


みたいなね。

そんな映画ないし、だいたい隣の人ってNANDA?!


と~も~か~く!まだ試合までに時間はある!

こうなったらそんな隣の人にもこのキャッチの良さを、

何がどういいのか細かくレクチャーしてやる!

とくと聞け!



①「絶対に」


まずこれね!わかりますかこの良さ?

誰かいない?はい、出席番号12番、竹田ぁ~!






隠れてハナクソ食べなぁ~~いっ!!



あ!こういうのいらないですか。すいません。

(そもそも意味不明ですか?すいません。寝てないんです。)


「絶対に」の良さ。

これ「どちらかと言えば」じゃないってことね!

あたりまえじゃんとか言う奴には、この言葉を送ろう・・・


「当たり前が一番難しぃ~の♪」


・・・と。



②「負けられない」


「勝ちたい」「負けたくない」じゃなく、「負けられない

勝ち負けが意思ではなく義務になっているってこと。


W杯ってのはそういうことなんだよ、少年・・・全力少年

全力出してっか?!手ぇ~抜いてないか?!



③「戦い」


これが結構重要!!

要は、試し合いなんて生易しいもんじゃない。

W杯ってのはなぁ~・・・


サッカーと言う形を借りた戦争なんだよ!!!



幾年月、努力を惜しまず磨き上げたと言う名のにぃ~

ボールと言う名の弾丸を込めぇ~

ゴールネットと言う名の国家間のしがらみをぉ~

解き放つことを誓います・・・誓いまぁ~~すっ!!



・・・わかるなっ?!

「選手」って言葉の由来「戦士」が濁ってできたんだよ。




これ、いまイチオシのウソだけどね!それっぽいでしょ?

でもそういう意味でも、本当に彼らは「戦士」だと思うわけですよ、

全力四半世紀青年の僕としては!



④「そこには」


「そこ」って、ぶっちゃけドイツなんだけどね。


ま、情報過多で混沌としたこのぶっちゃけた世の中にあって、

こういった表現っていうのは癒しと呼んでもいいと思う。

説明的すぎるってのも、なんつーか趣がないからね!


もっと言えば、雪国もやしのCMに代表されるような

オバハンの手には負えないくらいの説明不足感が、

こういうのにはちょうどいいもんなんです!


「そこ」・・・間違えてサンクスに行かないことだけを祈ります。



⑤「ある」


どーーーでもいいわ!と言うなかれ!

「ある!」と断言されるだけで、

オバハンの迷いはたいてい消えます。




・・・と、まぁ~長々と分析レクチャーしてきたけど、

ここまで言っても全然伝わってこないという人のために、

これに倣って熱くなれないダメなキャッチを作ってみました。

これを読むことでいかにあれが良いキャッチかがわかるでしょう・・・










『どちらかと言えば・・・というか、

 最悪 負けなけりゃいい試合が

 ドイツたぶん行われるはず・・・











 ・・・少なくとも西日暮里ではない!』


負けちまぇっ!!!!!!!

| | コメント (27) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

○○になれたらなぁ~

マルタ戦不甲斐なかったなぁ~!


W杯が近づくと、高校の頃(だっけな?)、

校長が朝礼の挨拶でW杯話を引き合いに出したんだけど、


ダブルはい始まりますけどもぉ~・・・・


・・・つってたのを思い出します。

そんな言い方しねぇ~だろ。オレが無知なのか?

海外・国内サッカーについてはスポーツニュースを、

毎週ザッピングの鬼となり、チェックする程度だけど、

日本代表の試合は中学時代あたりから、ほぼ欠かさず観てます。


なので、もぅ~今月入ってからは俄然、青の戦士ですよ。

地元民のモチベーションの低さに萎えることなく、

逆に鼓舞していこーというスタンス!ヒデ気取りの25歳!


ま、周りのモチベーションが低いといっても、

オレと比べればってだけで、みんなサッカー詳しいし、

ぶっちゃけるとオレのモチベーションと言っても、

前大会時のユニフォーム着て(今大会のは買えない)、

日本代表のタオルを巻き、FIFA公認の青ゴムバンドを腕に付け、

クロアチア戦は近場のパブリックビューイングに行く為、

チケットを購入済みってくらいのもの。


ドイツまで観に行くことなどピクリとも考えたこともなく、

とても次元の低い温度差に憤ってるちっぽけな野郎なわけです。



てか、根本的にサッカー経験なしだかんね!!



「おまえが言うな!」


・・・と言うな!!

4年に1度の祭典だ。


犬にユニフォーム着せるもよし!

バァちゃんにフェイスペィンティング施すもよし!

サッカーに興味あろうがなかろうが、

一致団結してニッポンを応援しようじゃないかっ!!


ジャパン一番めちゃえぇ~国やん♪

WBCで再確認した愛国心を、たぎらせようぞジャポンリッヒ!!


・・・う~ん、熱いな。オレは熱い。書いてて思った。引くな皆の衆。

個人的には中田英寿に大活躍していただきたいです。



さて、サッカーの話はこれくらいにして、サッカー終わったあと、

学校の課題をやってたんだけど、

無音の中、黙々とやるのも気分が乗らないので、

先日買った Kanye West のDVDを流しておくことに。


知らない人に一言で伝えるならば、

品のあるカリスマHIPHOPミュージックてとこでしょか?

ただオレがそう感じるだけだけど。

で、まぁ~これが素晴らしくて仕方がない!!!!


音楽(ライヴ)DVDって当たり外れが顕著に現れるね。

CDでは見えてこないパフォーマンスの力量が問われる!

“実際にライヴを観る”には及ばないけど、

すごいかそうでないかは充分に伝わってきます。

で、そういう素晴らしいライヴや音楽DVDを観るたびに・・・


なんでオレ音楽やってこなかったんだろう。。。」


・・・と毎回毎回、飽きることなく毎回思います。

今回のような海外のアーティストの場合には、


なんでオレ黒人じゃないんだろう。。。」


・・・とか思うしね。

さらに、ピアノがでてきたシーンでは、


もしも ピアノが 弾け たならぁ。。。」


・・・とか思うしね。

深夜に思わぬ、西田敏行状態だよ。


探偵!ナイトスクープ!

私が局長の西田敏行でございますぅ~・・・だよ。







はい!わからない人は置いてきまぁ~す!

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ウェディング オブ みの

みのもんたが嫌いだ。


以前、履き潰した革靴にあんかけをかけたような顔・・・

・・・と、ねちっこい界の巨匠こと 彼 を例えたことがあるが、

個人的にはなかなか的を得ていると思っている。


一度、TBSあたりに人の目線高で

あんかけかけた革靴を展示してみてください。

業界人はそれに向かって挨拶ラッシュだと思います。


で、そんなみのを高校時代に生で見たことがあるという

うちの次男がつい先日結婚した☆


(我ながらどんな切り口だこれ!!)


元・建築学科で、当然建築好きな兄貴がチョイスした場所は箱根

色んな教会を調べて、式のコストとにらめっこしながら決めたようだ。

天気はいいとは言えなかったけど、

霧がかった教会は幻想的で、なかなかいい式だったと思う。


ただ!!


オレはやっぱり結婚式はやりたくないなぁ~と実感。。

あんな仰々しい緊張感あるの苦手。

心臓に毛だけでなく、コケまで生えてそうな次男ですら、

「はい、誓います。」・・・の声が上ずってたもんね!!


オレはそんなもんじゃ済まず、絶対噛むね。

「はい、“し”かいます。」・・・とかさぁ~。

参列者は全員思うんでしょう・・・





「えっ?!なに?誓うの?誓わないの?」



そうなっちゃったら困るから、

もしオレが結婚式をあげるようなことがあれば、

そのときは黙認しよう!!





前代未聞の不測の事態

神父新婦はどうでるっ?!!

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »