« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

死刑存廃問題 part2

脱線しまくったpart1を猛烈に反省した上で、

こちらでは死刑存廃問題のみに焦点を絞ります。

ちなみに2回に分けてもなお 長文です。ごめんなさい。

(だったら、part1いらなかったんじゃ・・・)


世界情勢としては1990年代以降、

各国 死刑廃止の傾向にあるらしいけど、

オレ個人としては結論からいうと死刑存置派です。

ここからは無知を承知で語らせてもらいます。

まず、死刑存置論の主張というのは大きく分けると・・・




①犯罪予定者への威嚇効果と犯罪抑止

②遺族の代理制裁




それに対して死刑廃止論者の主張は・・・




①死刑も【殺人】に他ならない

②加害者側の人権問題

③応報刑では犯罪を抑止できない

 ※死刑を廃止した国で、その後 凶悪犯罪が増えたかというと

  それ以前と件数は変わらなかったというデータが出ている




こんなとこだと思います。

個人的にはこれらの理由を挙げられたところで

死刑廃止論にはやっぱり納得がいかないんです。

死刑そのものはたしかに野蛮な行為かもしれないけれど、

自分が遺族の立場になって考えなくとも、頷くことができない。




①死刑も【殺人】に他ならない



人が人を殺すというのは、たとえ相手が凶悪犯罪者であろうとも、

忌むべき行為かもしれない。たしかに一理あると思う。


ただオレの考えでは、意図して殺人を犯した人間は、

その時点で、もはや【人】じゃないと思うんです。

犯行時、心神喪失が認められても関係ない。

どんなに壮絶な過去があろうとも

そこだけは踏み越えてはいけない人としての最終ライン

あぁ~・・・でも被害者が相当な悪人で、

散々ひどい仕打ちを受けていたりでもしたら、

情状酌量の余地ありってやつなのかなぁ。難しいですね。




②加害者側の人権問題



これに関してはとくに納得がいかない。

法律では1人殺害を犯した者は死刑にできるはずなのに、

実際の死刑適用基準では・・・



1人殺害の場合は有期懲役。

2人殺害の場合は無期懲役 or 残忍性等によっては死刑。

3人以上殺害の場合は死刑。



・・・という、これまでの判例を元に行ってきた。

また光市母子殺害事件のように、犯人が少年であったときには・・・



4人以上殺害の場合は死刑。



・・・というのが暗黙の了解だったらしい。

数学どころか算数ができればわかる計算だ。

被害者の命は、加害者の命よりも軽いと言ってるようなもんだ。


今回は妻子(2人)の命が奪った犯人が少年だったということもあり、

判決に注目が集まっていたわけだけど、結果は死刑

加害者側の弁護人は死刑廃止論を訴えている人物だけど、

そのために用意した虚偽の言動等は故人への冒涜としか思えない。


また、死刑判決が下った後の本村さんの記者会見中の

マスコミの馬鹿っぷりには本当に反吐がでそうだった。



「今回の事件で死刑へのハードルが下がったと思いますが・・・」



ハードルて。

どういう神経をしているのかわからない。

またそれとは別の記者は、

判決が下った際、心の中で亡くなった妻子に報告をしたという

本村さんのコメントを受けて・・・



「どのような声をかけたのか、よろしければ・・・」



アホかと。

なぜそんなことを公表する必要がある?!

どこまでアホなんだろう本当に。


殺人事件がおこるたびに遺族の家に押しかけたり、

殺人ではなくとも、大切な人を失った芸能人がいれば

涙を流せ!とばかりに執拗にマイクを突きつける。

いまに始まったことじゃないけど、

ここ数年のマスコミの節操のなさは異常に思えるし、

メディアスクラム(情報操作にもなりかねない集団的過熱取材)に対して、

なんの疑いもなく右に左に振れまくる世論もちょっと異常だ。


で!話を加害者の人権・・・に戻すけど、

「更正の見込み」ってのもなんなんだろうか?!

見込みがあったところで、なぜそんなチャンスが与えられるんだろう。


オレがこれまで生きてきた倫理観では、

本当の意味で更正したなら、自ら命を絶つしかないように思う。

命尽きるまで遺族のためにやれることをする・・・


・・・なんてことは、自分の感覚で言えばそんな資格はないと。

愛する人間の命を奪った奴になんて、何も与えてもらいたくない。

とにかく何から何まで加害者は守られすぎだと思う。




③応報刑では犯罪を抑止できない



これに関しては「で?!」としか言いようがない。

死刑を廃止したことで犯罪が減ったなら話は別だけど、

変わりがないのなら廃止する必要もないと思う。



『犯人が死刑になったところで被害者の心は晴れない』



・・・なんていうのは当たり前の話で、

殺人事件に巻き込まれた遺族の方々には

その瞬間から死ぬまで心が晴れるなんてことはないと思う。


殺人という罪は、何をしてもきっと償えるものじゃない

オレが死刑存置派なのは、被害者感情でモノを語れば、



「人を殺したんだからお前も死んで償え!」



・・・ということじゃなくて、

自分にとって大切な人の命が

軽く扱われたくないということに尽きる。





今回、こんなことをテーマに日記を書いてしまって、

「殺」「死」等の文字を多用するだけで、いい気分がしなかった。

それほど負の力っていうのは強大なんでしょう。


の絵の具に100分の1を混ぜるだけで一気に濁るように

100の喜びよりも、1つの悲しみの方が強かったりする。


・・・にも関わらず、いざ与えようという意識さえあれば、

喜びよりも悲しみの方がいとも簡単に与えられたり。

つくづく人間って繊細で不都合に創られてるなって思う。


そんな中、自分の意志や信念を曲げることなく、

なおかつ 人を一切傷つけず・・・というのは至難の業だけど、

part1でも書いたように、そうやって【思考する】ことが

すべての人間に必要なことだと思う!!

ゆえに未完成すぎる自分を自覚しながら、それを理想とする!!


肝心な部分であまり考えないくせに、

人間って、生きるって、幸せってなんぞや?!と、

モヤモヤモヤモヤ精神論ばかり考えすぎているオレは、

もう少し考えを即行動に移せるようにしないと、

このままじゃ社会的にクソみたいな人間になってしまうけれど、

それはまた別の話。。

| | コメント (15)

2008年4月27日 (日)

死刑存廃問題 part1

今回の日記、タイトルの硬度尋常じゃないですね。

カッチカチやぞ!カッチカチやぞ!

ぞっくぞく・・・俗っぽいネタを勢いではさんでしまった。。


というわけで~

歯が折れてしまいそうなほどの固さを売りにしてるせんべぇって

いったいなんなんだろう?!・・・と、

趣旨から外れたことを連想してしまうほどに、

いつになく御堅いテーマに臨もうと思っております。


例の如く、話は脱線を繰り返し、長文は免れないと思われますので、

2回に分けて書くことにしました

ぶっちゃけpart1では死刑についてまったく触れてないし。。。


それと、あくまで私見でモノを言いますので、

解釈に不満があってもそのへんご理解願います。



さて。



そもそも、このブログでは原則として、

おもしろき こともなき世を おもしろく の精神で、

どーでもいい日常を笑って生きていこうという

見た目には春風のごとく爽やかなスタンスで、

日々の憤りや自堕落な生活をせっせと正当化しているわけですが、

来年から始まる裁判員制度を前にして、

改めて世の中に、他人に、罪と罰に、生と死について

真剣に向かい合う必要があるんじゃないかなと思ったのです。


先日、光市母子殺害事件の犯人に死刑判決が下ったのも、

このタイミングっていうのはまったくの無関係じゃない気がします。

そういう意図も多少なりとも含まれてるように感じるのは

オレだけなんでしょうか??あまりテレビでは言われてないけど。


ただ今回に限ったことじゃなくて、

ここ数年、日本人は【思考する】ことを忘れてるように思う。

良識想像力に欠けた事件で溢れていて、

そのたびに強い憤りを覚えるし、

視聴者として受け取る側の意識についても同様なんです。


例えばイラク戦争が起きた頃。

そこに至るまでには複雑な歴史・要因があるんだということを、

全て把握はできなくとも、その事実を理解していないといけない。

当時、街頭インタビューで若者が・・・



「戦争反対です!」「平和になってほしいです!」



・・・と、皆 口々に正義心に満ちた表情で語ってるのを見て、

オレは妙な嫌悪感を抱いた覚えがあります。

その感情は人に伝えられるほど、うまく説明つかなかったんだけど、

爆笑問題の太田光のエッセイの中で・・・




『世界の誰一人【正義】とはコレです。と表現できない状況下で、

 単純に「戦争反対」と叫ぶことは、

 暴力と同じくらい乱暴で、短絡的な行為ではないだろうか?』


『【戦争】という手段を用いた国の発想の貧弱さを批判するなら、

 平和と叫ぶだけじゃなく、それに導く案を提示できなかったら、

 自分の発想の貧弱さを省みる必要がある気がしている。』




・・・というようなことが書いてあって、すごく合点がいったのです。

要するに、結論は同じでも考えもなしにそれを口にしたら、

そこで思考停止状態に陥って、なんの意味も持たないってことです。


だからオレもわからないなりに頭をひねって自問自答するし、

知ろうとする努力は・・・足りてないけど、してる(していく)つもり。


あくまでこれは自分の偏見を取っ払ったところで、

物事の善悪を見極めたいというだけのことですが、

裁判員制度によってメンバーとして選出された際には、

自己消化に留まらず、自分の意見が直に反映されて、

一人の人間を死刑に処することに

加担する可能性が生まれるわけです。


他人事にはしていられません。

だからこそ国民一人一人が【死刑とは】について

いま一度、考えるべきだと思うのですっ!!





【あまりにも御堅い話&長文に飽きてる人もいることを考慮して・・・

 +それ書くことに疲れてきた自分への、ひと時のブレイクタイ~ム☆】








・・・さ!おもいっきり癒されたところで、

part2では、いよいよ死刑について語っていきたいと思います!








嫌~なギャップぅ!!!

| | コメント (2)

2008年4月17日 (木)

ツッコもう [10]



20080416001











ま、なんてことない本屋さんを、

裏手の駐車場側から撮った写真なんですが、

携帯のしょぼいカメラで撮ったせいで反射してますね。

というわけで、寄ってみます・・・












20080416















なにもBOOK真横に書かなくても!!







しかも仰々しく筆字で・・・


ここに売ってる本、時価かっ!!

| | コメント (5)

2008年4月14日 (月)

臭い紙の主

こないだオカンがこんなこと言ってたんです。



「回覧板が回ってきたんだけど変なニオイがする。」



どうもキツイ香水のニオイらしくて、

自分がつけたと思われるのが嫌だからと、

回覧板をしばらく干していたらしい。



『回覧板を干す』


だいぶおかしな状況。回覧板は普通 干さない。



『テレビを煮込む』


たいした差はないように思う。

それほどにおかしなことをやっている。


・・・となれば、それほどおかしなニオイだったんだろう。

本来、紙は纏わないであろう類のニオイ。

どんなんだよそれ!と思いつつ、

あまり気には留めていませんでした。


そして、今日の晩飯時のことです・・・





「はっ!あれ佐○木さんやったんや!!」




何事かと思って振り返ると、

数枚の紙を嗅ぎ分け、合点がいったような顔をしたオカンの姿。


理由が知りたくて、何を嗅いでいたのか見せてもらいました。

内容はマンションの駐輪場の申請書(確認?)のようなもの。


それを取りまとめる係をやっているらしく、

手元には同じ3階住民の記入したソレが集まっていたんです。

で、佐○木さんの紙を嗅いだときに、コレだと判明したらしい。

くだらなすぎてオレは笑ってしまいました。



「だいたい強めの香水つけてるにしても、

 紙にこすりつけたわけじゃあるまいし、大袈裟でしょ?!」



そんな言葉を返すと、それなら嗅いでみろと言われ、

なぜかオレも3階住民がそれぞれ記入した紙を嗅ぐことに・・・




「まずうちのね・・・ま、無臭だわな。


 ・・・302号さん・・・やっぱ無臭だよ・・・だって紙だもん・・・


 ・・・303問題なし・・・304もOK・・305・・306・・・


 ・・・310・・・ん?!なんかちょっと違和感あるけどぉ~・・・



 これは佐○木さん・・・じゃないんだ?!あれぇ~・・・





 ・・・311・・・はっ!コレだぁ~!!」




もうニオイがキツすぎるせいで310にも事が及んどるわけ。

確実にコレとわかるニオイ。


この直後です。

まったく佐○木さんについて予備知識のないオレが漏らした一言に

両親が鋭く反応したのでした・・・





愚痴っぽいお婆さんのニオイがする。」






正解!なんでわかんねぇ~ん!!!」


ぅわひゃははははははっ!!!!!!




当然、オレは歳も性別も何も知らず、

雰囲気でボソっと言っただけだったんだけど、

親父曰く、この人はマンションの集会でも、

全然協力してくれないくせに愚痴っぽい人だという。

そんな背景もあってか両親は息ができないくらい爆笑してました。






・・・にしても、正解!」ってなんだよ!!

| | コメント (18)

2008年4月11日 (金)

Hot Stuff 30th Anniversary

タイトルにもありますが・・・



Hot Stuff 30th Anniversary 『BLACK AND BLUE』



・・・って、イベントが6月に3日間開催されるらしいんだけど、

一昨日、地元民のワッツ氏からこのイベントを教えてもらって、

その出演アーティストに驚愕しました・・・



1日目:チャットモンチー、スチャダラパー

2日目:perfume、SPECIAL OTHERS

3日目:YUKI、銀杏BOYZ



全部観たいやつじゃ~ん!!




値段が日にちによってマチマチなのと、

YUKIは観たことある上、銀杏ゴイステ時代は多少聴いてたけど

最近は是が非でも観たいわけじゃないという理由で、

3日目は自重するとして、1,2日目はかなり行きたい!!!


1日目は金曜日だから微妙なことこもあるけど、

ま、最悪なんとしてでも2日目は行きたいなぁ!!

ここ見てる人もチケット取ればいいのに!!

そしてオレが外れたら連れてってくれればいいのにw!!




【チャットモンチー / 世界が終わる夜に】





【スチャダラパー / 5W1H】





【perfume / シークレットシークレット】





【SPECIAL OTHERS / AIMS】



| | コメント (10)

2008年4月10日 (木)

そういうのいいからっ!!

日常のあるあるネタの一つですが・・・



「こちらハンバーグになります。」



この日本語はおかしい!!

これからハンバーグになるのかと!

もうハンバーグだろと!

あれなんなのかね?!腹立つなぁ~~・・・・





・・・って言う奴にオレは腹が立つ!!




そういうのいいからっ!!

言語って良くも悪くも変化していくもので、

コレに関してはもはや日常じゃないか。

そんなこと指摘するようならおまえは普段から・・・



「春はあけぼのだなぁ~。やうやう白くなり行くなぁ~。」



・・・なんて話してないだろ?!五十歩百歩なんだよ!

こんなことをいまさら言うこと自体うっとうしいって話!!

つい最近のことなんだけど

いまだにテレビで『なります腹立つ論』で盛り上がってて

オレは悪い意味で鳥肌立ったよ。


あと反感くらいそうですが、

例えばこんなのもあまり好きじゃありません・・・




「一番大切なモノはなんですか?!」





友達です!」


じゃかぁ~~~しいわっ!!!




誰の何に対するアピールだそれ!

そういうのいいからっ!!


オレが言いたいのはですね、

友達が大切なんてのは当然なんですよ。

それを言いたい!

この問に対してこんな風に答えてしまう人は

きっと自信がないんだろう。もしくわナルシスト。


せめて友達からもらった寄せ書きだとか、

そういう答え方なら全然アリなんです。

要は質問の意図から外れたところでかっこつけんなってこと!


あと他にはねぇ~・・・




雨のニオイが好きだという謎の報告


そういうのいいからっ!!




和田アキコの他人の内情暴露による誇らしげな顔


そういうのいいからっ!!





松居一代鼻骨骨折回復会見 「血はマツイ棒で掃除」 


そういうのいいからっ!!

| | コメント (10)

2008年4月 6日 (日)

ツッコもう [9]


20080331













“何か”と間違える客を待ち望む

浅はかな店長の気持ちぃ~!!


| | コメント (14)

2008年4月 4日 (金)

NO LIFE,NO LIFE

いや~また一週間ほど更新怠っちゃいました。

そもそも3月4月をまたいでいるのに、

新生活に一向に触れようとしないこのブログに

違和感を覚えてたけどとてもツッコめない・・・


・・・そういう読者もいたことでしょう。

ちょっとだけ近況を語るとしましょう。


まず学校を無事卒業しました。

この学校生活については近いうちに一度振り返りたいと思います。


そして就職・・・決まってません。いやぁ~!

というか2度目の就職ということでいささか慎重になりすぎて、

数を当たってませんでしたが、つい先日面接受けてきました。


久しぶりでした、あの感じ。

そこの会社は求めるスキルが高すぎたので落ちる予定だけど、

意外にも口が回る自分がいい意味で驚きでした。


ま、こんな感じでちょこちょこやってって、

近いうちに決めたいな~と思っています。

急ぎつつも慎重に!!


そして・・・


3年前に我が家が掲載されたインテリア雑誌

ひとり暮らしをとことん楽しむが、

「一冊まるごと部屋テク満載!永久保存版」として、

総集編のような形の雑誌を発売しました。

例の如く、うちも再掲載されております。

いまだに24歳表記!なぜに!!




ひとり暮らしのSUPERインテリア 永久保存版 (別冊美しい部屋) ひとり暮らしのSUPERインテリア 永久保存版 (別冊美しい部屋)

販売元:主婦と生活社
Amazon.co.jpで詳細を確認する




前回、男部屋だけで編集されて再掲載されたときは

モテ部屋という称号をいただいたんだけど、

今回、つけられた称号が個人的にツボというか、

妙に誇らしかったのでお披露目させてください!





20080403002










達人っ!!!!




『始めに紹介するのは、すみからすみまでこだわった

 まさにスーパーな9つの部屋』



・・・のうちの一人の達人としての登場w!!

この響きキライじゃない!

シアタールームの達人として紹介されてるんだけど、

やっぱうちはその印象が強いのかなぁ。

というわけで、またただのプチ自慢でした。


てか、いつまでこのネタを引きずるんでしょうか?!

オレも・・・





主婦と生活社もっ!!!!

| | コメント (13)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »