« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月24日 (日)

孫とおでん

オレがコンビニのレジでお金を払ってる最中、

横でおでんの具の種類に食いつく小2くらいの女の子


おでんを食べたいわけじゃないらしく、

そのメニューの豊富さに驚愕している様子で、

メニューの写真を指で順に指しながら、

付き添いで来たであろうおじぃちゃんおばぁちゃんに・・・



「ねぇ~!何が一番好きぃ?!」



・・・っと尋ねている。

なんだか子供らしい子供だなと

オレがほっこりした気持ちになってる横で、

当のおじぃちゃんおばぁちゃんはというと、

苦虫を噛み潰したような露骨にめんどくさそうな表情。


えぇ~!!!それ伝わっちゃうぜぇ~!!!


赤の他人であるオレの不安を余所に、

その子の視線はおでんの具に注がれ続けていたのが

これ不幸中の幸い。


ざっくり二人に問いただしたせいで返答が鈍いのかと判断した

その子はもう一度、頭におじぃちゃんを付け足して

同じ質問を繰り返したのでした。


運悪くパネラーに選ばれてしまったおじぃちゃんは、

さっきの苦虫を吐いて、違う苦虫を選び始めてるような表情。

おじぃちゃん「んぁ・・・ん~~・・・」と、

さもめんどくさそうに一つの答えを出しました・・・





「ん~~~厚揚げ。」




まったく関係のないはずのオレも、

ちょっと気になって耳を傾けてしまいました。


へぇ~厚揚げ1位に挙げる人もいるんだな~って。

いや、美味しいけどさ。

オレなら断然、モチ入り巾着だな!!

さ~て帰るか!っと思った矢先、女の子が一言・・・





厚揚げってなぁ~に?!」




あえて・・・あえておじぃちゃんの心の声を代弁しよう・・・





めんどくせぇ~~~!!!!




そんなことないでしょって、

これ読んでる人は思うかもしれないけど、

おじぃちゃんはそれ聞こえてないことにして、

ふわっとコンビニ出て行ったからね!これ事実!


このあとどーなってしまうのか!っと、

店内でオレだけが固唾を飲んでいると、

おばぁちゃんの後ろに寄ってきました。


メシア キタコレ!!


さ~彼女の問に答えて一件落着させとくれ!

さぁ~答えの方どーぞ・・・





生揚げのこ~とっ!!!」


離れたぁ~!!!!




まさかの回答ですよ。

余計わからなくなっちゃったよ!

生揚げって言われたらオレでもわからないもん。



「生揚げ=厚揚げのこ~とっ!」



・・・ならわかるけど、その逆は成立しないぜ!

オレ、その行く末が気になって

少し雑誌コーナーに滞在してたんだけど、

最終的にはそれ以上聞かないという、

小2らしからぬ空気の読み方をして決着つけてました。



子供は子供なりに大人に気を遣ってるというお話でした。

| | コメント (8)

2008年8月17日 (日)

ピコピコポンDVD化?!

このブログで前に紹介した

オレ世代(27歳)でも限られた人しか知らず、

かつ、知ってる人は妙に印象に残っている

NHK教育テレビの伝説の人形劇・・・



【ピコピコポン】



なんとDVD化が決まったらしいです!!!








マジでか!すごい観たいんですけど!

内容はよく覚えてないんだけど、

シュールで一時期とにかくハマってた記憶だけがある。


例えばダルーってキャラなんて、

左手に棲み付くレフトダルーっていう別人格が悩みの種・・・


・・・という子供には難解すぎる異常な設定なんです。

ネットで調べて知ったんだけどね。(このへんはほぼ覚えてない)


これマンガ『寄生獣』の作者、見てたはず!

ミギーって!



「パクリじゃない!影響を受けたんだ!」



・・・って感じだろうか。

そんな話はどーでもいいんですけど、

買うかどうか悩む!!


働き始めたから買ってもいいっちゃいいんだけど、

TSUTAYAとかで借りられるならそれでいいし。

なにせ6枚組で、1万5千円強の代物ですから。





ピコピコポン 6枚組ボックス ピコピコポン 6枚組ボックス

販売元:東宝
発売日:2008/09/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する




このとぼけたパッケージ見ると

ものすごい手元に置きたくなるなぁ!

どうすればいいんだろう。。

買っちゃうのかい?!買っちゃわないのかい?!



どっちなぁ~んだいっ?!




| | コメント (6)

2008年8月16日 (土)

ツッコミ気質

どちらかというと自分はツッコミ気質なのだと思う。

ツッコミではなく、ツッコミ気質ね。

素人がツッコミだのボケだのを自認するのはおこがましい。

あくまで気質。どっち寄りかというお話であります。


ブログのネタのためになんて考えたこともなく、

日々、まったく無意識のうちに

いろんなものに心の中でツッコんでしまっている。

例えば最近だとインドカレー屋の窓に貼ってあった売り文句・・・



インド人もびっくり!!』


いまどき使うかこのフレーズ!!



・・・とツッコんだのもつかの間、

その下に続く文言を読んでさらに驚愕!!




本格インド人シェフによる本格カレー』


びっくりしたのはおまえかよっ!!!




あれってシェフが日本人であることが前提のフレーズだろ。

本場の人間もうならせるっていう表現なのに、

インド人が作ってんのにインド人がびっくりって!

ものすげ~まじぃ~んじゃねぇ~か?って思う。

オレは思う。



「なんとこのおにぎり日本人が握ったんです!」



そう言われてるようなもんだもん。

えぇ?!売りがそれ?!他にないわけ?

日本人が握ったんだから何入ってても許せって聞こえる。

オレには聞こえる。



・・・っとまぁ、こんな具合に、

街で歩きながらチラッと目に入ったものに対して、

頭の中では延々とこんなことを考えているわけ。


今日も駅のホームでこんなことがあった。


オレもいままで気付いてなかったけど、

おそらくどこの駅にもどこかの柱に電話が設置してあるんです。

で、その上に『電話』って表記が・・・




Photo












本当になんてことないものなんだけど、

オレが目にしたそれは、だいぶ時を経て劣化していて、

こんな風に文字が削れていたんです・・・




2












たぶんその場の人間は誰も気に止めていないだろうけど、

オレは一人、心の中で・・・





雷占いみたいになっちゃってるよ!!




・・・っと、駅員に向かって叫んだのでした。

あくまで心の中でね。


そもそも雷占いってなんだと。

今度はそっちに妄想が展開します。


個人的なイメージとしては、

を占うんじゃなくて、雷で占うパターン。

当たるか当たらないか・・・も、いろんな意味で死活問題。


何より、雷落ちないと占えないから、

なかなか生計が立てられなくて、

泣く泣く普段は駅員をやって・・・


・・・たらいいのに!そういう経緯で!!

まさか『電話』を削ったのもこの人の仕業?!

これは雷占い兼駅員の密かなる宣伝・・・





・・・だったら応援するのに!!!



そんなことを考えながら、

電車に揺られて会社に向かってるのです。

普通の社会人はこんなこと考えないんだろうか。

オレはだいたいいつもこんな感じだよ。

| | コメント (3)

2008年8月11日 (月)

三郎じゃない方の北島

本当にすごいですね!

ニュース見て感動しました。

「速い」とか、「すごい」とか、「上手い」とか、

そんな言葉より強いが一番似合う。


真のアスリートって感じするな。

ドラマチックすぎますぜ。


一つだけ残念だったのは、インタビュアーが露骨に・・・




超気持ちいい!」




・・・を言わせようとしていたこと。

そういう安い感じやめてくれ。


北島は涙ながらにも空気を読んであげてましたね。

ある意味、4年前の超気持ちいい発言の頃よりも、

精神的にも大人になったってことでしょう。


とにかくおめでと~ございました!

| | コメント (6)

2008年8月 5日 (火)

いつもの on my mind

この間、地元民のワッツ氏にいいこと聞いた。

いいことというか、タメになる・・・わけでもないんだけど。

それを聞いたときのオレのリアクションが




「そういうことかぁ・・・

 そういうことだわぁっ!!!」




・・・だったことからもわかるように、

個人的にはとても聞けてよかった話。

これを読んでる人がどう思うかわわからないが、

オレは死ぬ前にこの事実知れてよかったと思った。


ワッツとオレは前々から憧れていたのです・・・




行きつけの店 a.k.a.

いつもの!」という注文スタイル!




「いつもの!」が通用するお店を持つことが、

大人が大人たる所以とでも言おうか。

そのコミュニケーション能力はもちろんのこと、

店長に気に入られる愛くるしさまでも試されるわけで。



「こやつ・・・そろそろ来つけの客と認めてもよかろう!」



行きつけの店に対して、

来つけの客と呼ぶことがあるのかは知らない。

ただしこういった心のスイッチがどこかで入るのは確かだ。

そんなスイッチをこのたびパチンと押すことに成功した男・・・


それがワッツなのだ。拍手!(わぁ~っしょいわぁ~っしょい)


相手はラーメン屋ベタである。

ついでに言うと床もベタベタ。


くわしく聞くと、ワッツ「いつもの!」を試したわけでもなく、

とある日にいつものように訪れると、店長の方から・・・




いつものね!」




・・・と、こうキタらしい。



『もしかしたら今日に限って、

 チャーシュービンビールだけ飲んで帰る可能性も?!』



そんな疑いなど一切ない。ないからこその「いつもの」だ。

店長が客のメニューを決めてしまうという問答無用の行為も、

二人の間に生まれた信頼の前ではアリなのだ。


しかも「いつもの」「ね」がトッピングされているだけでなく、

実際に「いつもの」よりも余分なモノがトッピングされていたらしい。


海苔である。


要するにサービスなのだ。

それ以来、ワッツはそのお店に行くたびに、

店長発信の「いつもの」を食べているわけだが、

そこには毎回何かしらのサービスが添えられているという。

つまりはこういうことだとワッツは言った・・・




「いつものっていうのは

 お店が他の客に不快な思いをさせずに、

 特定の客サービスするための言葉なんだよ!」




なるほどなと!!!

たしかにオレが他の客だったら、

「あいつ、注文したのよりトッピング多くないか?!」っと、

店長に訴えるわけでもなく、陰でヒソヒソと罵るはずだ。


よくできている!!

「いつもの」という4文字に隠された真意!!


これからもしラーメン屋に行って、

「いつもの!」が通用している客を目にすることがあったら、

彼に差し出されるラーメンがノーマルである可能性は低い!


そしてそこに乗っているトッピングこそが、

店長の気持ち・・・イコール・・・





いつものとは別の何か




・・・だと思っていい!!

もうね、誰がなんと言おうとオレはそういう目で見る!

そういう意地汚い目で見るぞ~!

太陽光を虫メガネで集めて海苔に穴を開けたるぞ~!


ちなみに、前にもここに書いたかもしれないけど、

昔、しょっちゅう行ってたカレー屋さんの店長に、

「いつものね!」っと言われて胸が躍ったのも束の間、

いつもの(カツ)と違うカレーシュウマイ)がでてきて、

ものすごく恥ずかしい思いをしたことがあります。



オレ元気よく「はい!」って答えちゃったんだ。。



店長も途中で違う人だと気付いただろうに

どうしても後に引けなかったんだろうな。

普段、シュウマイカレーを食べているオレ似の誰かが、

いつかカツカレーを食うハメになることだけをただただ祈る。

| | コメント (7)

2008年8月 1日 (金)

ドリジナルコンセプト

我が携帯の着メロ2年ほど君臨し続けている曲です。

NOKIAだからCDから曲落として設定できるもんで。

この曲はPVもセンス溢れててかっこいい!


たまにこれ系動画を貼っても誰も観てないんでしょうけど、

せっかくこのブログを覗いたんだ・・・

騙されたと思って聴いてみたっていいじゃない?!

だいぶ前からこれ探してて、最近YOU TUBEで発見したのです!


コレが街中で鳴ってたら近くにオレがいます。




【 スチャダラパー/ドリジナルコンセプト 】


| | コメント (3)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »