« ことりっぷ京都 | トップページ | キングオブコント »

2008年10月 4日 (土)

臭いものには花

20081003









見てこの光景。

この時代、臭いものにはなんですよやっぱ。

写真の下方に見えるフタ頼りなさったらない。


わんぱく相撲“ガリガリの子”登場・・・

予定通り負けて会場の暖かな笑いを誘っちゃう、そんな感じ。


ことわざって昔に考えられたものだけに、

現代にはそぐわないものだらけで、

改めて考えるとちょっと面白いんです。


帰りの電車内で色々と分析してしまいました。

音楽聴きながら・・・DSでドラクエ5をやりつつ・・・ことわざを分析。

生産性ゼロの聖徳太子状態ですよ。


分析と言ってもそう大したことじゃないんだけど、

今一度その内容を紐解いて見ると

実際のとこどーなんだこれ?っていう。


例えば『臭いものにはフタ』にしても、

絶対フタじゃ臭いものに太刀打ちできないと思うんですよ。

さっきも書いたけど、ムリっすもん。


そこで現代人はという現実的対応を見せているのに対し、

昔の・・・仮に江戸として、江戸人精神的対応を見せている。

ここが重要。




『心頭滅却すれば火もまた涼し』




そんなはずないじゃん?!

熱いよ火は!すごく熱い!我慢できない!


これと一緒でフタしたところで臭いものは臭い

もれるもんはもれる!

それでも精神的になかったことにする。


これが江戸人の発想

我慢がそのままことわざになっているのだ。


電車内でパッと浮かんだメジャーなことわざのだいたいが

この法則に当てはまってしまうから驚きです・・・





『棚からぼたもち』


食うか普通ぅ?!!!




棚からぼたもちが落ちてくるという事態を

ラッキーと解釈するあたりが江戸人のすごいとこ。


完全に食ってるもんこの人。

我慢の向こう側にイってる。

ここまで前向きだと人生楽しそうである。


現代人は食えるもんでも偽装だなんだと大騒ぎ。

もうね、心の余裕が違うのだ。

これとは違った視点で江戸人器のでかさを計り知れる

こんなことわざもある・・・





『花より団子』


団子食いながらを見ろと!!!




なんでも欲しがる現代人は恥を知れと。

勝手に二者択一にしといて

自分の首絞めてることにも気付かない江戸人

最高にバカでCOOLな奴らだ。ロックだ。

きっといい友達になれる。


関係ないけど、

オレこのブログでよくことわざについて語ってる。

自覚はないけど、好きなのかもしれない。

現代版ことわざ辞典とか作ってこーかな。

きっと作ったとしてもこんなんだろうけど・・・





『犬も歩けば棒に当たる・・・








 ステンレス製のやつに。』


|

« ことりっぷ京都 | トップページ | キングオブコント »

コメント

ステンレスで少し救われたー。
金属やったら泣いてしまうわ。
金属って書くと暴力的な臭いやない!?


イサザくんが、DSやりながらこんな事を考える余裕がある事にまず ぐっときた☆


そういえば昔、所さんがめっさステキないろはカルタを作ってたの思い出した。
あれ、めちゃめちゃ欲しかったよ。
絵もステキング過ぎやったし!!


私もイサザ現代ことわざ事典に参加希望したい。

「河童の川流れ。。。泳ぐより効率いいし」

「屁ひって尻隠さず。。。そういうプレイもなかなか」

投稿: なおちん | 2008年10月 4日 (土) 12時25分

おもわずトイレの注意書きのところに注目しちゃったよ。
「電流をながして下さいますようねがいます。」
ってかいてあるようにみえるけどきっとちがうよね!

現代版ことわざ辞典かぁ〜。
いさくんは言葉遊びの天才だから
きっとつくったら面白いものできるね!
完成がたのしみだよ!!!

投稿: モッチ | 2008年10月 5日 (日) 21時37分

>なおちん
わかるわかる!
金属は暴力的だわw

通勤中のオレの脳みそはくっちゃくちゃだよ。
思考が飛び散ってるから。ひどいもんだよ。

所さんのそれ知ってる!!

【キリンが温泉から顔を出している・・・

 ・・・きっと深い】

でしょw?!
あれ面白かったよね!
河童の河流れ、たしかに楽そうだわ。
そういう術だよね。

>モッチ
電流を流す必要ないので、おそらく違いますねw
水を流して下さいってのもおかしな話だけどさ。

過去に流さなかった奴が多発しないと
必要のない貼り紙だからね。
どんな顔してんだよそいつw

現代ことわざ“次点”もどう??
あと一歩でことわざになり損ねた格言集。

ま、考える気力はないけども!

投稿: イサザ | 2008年10月 5日 (日) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ことりっぷ京都 | トップページ | キングオブコント »