« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

楽 from 喜怒哀楽

年の瀬に怒涛の更新

これ前代未聞です。異常です。

できるときにしとかないと、

なかなか更新できないので。

読んでる人は数度に分けてくださいませ。


さて。


大晦日最後の日記は、

自分は充分に恵まれてるな~という話。

例えば、前の会社の同期の結婚式に呼んでもらったりね。


式場ではいろんな懐かしい方々と顔を合わせたけど、

あんなに社内で地味だったオレに、

みんな声をかけてくれたりしてね。

当時の上司とお茶をして互いの現状話に花を咲かせたり。



恵まれている。



こないだ思いつきのように地元民の一人が

久しぶりにみんなで飲もうっと号令をかけると、

中学の頃からの仲間がすぐに9人集まってしまう。


数年ぶりみたいな奴まで普通に来る。

バカみたいな話で、バカみたいに笑える。



恵まれている。



3日前はフェスに行って大感動。

まったく同じ音楽趣向を持つ連れの方と、

大いに盛り上がる。


とくにハナレグミはヤヴァかった。

尋常じゃない歌声の力。

あれ生で聴いて心打たれない人は精神的に病んでる。

新曲『光と影』(仮)歌ってるときは神様か何かに見えた。

全身が粟立って弾け飛んで消えてしまいそうな。

↓これは別イベントで歌ったものみたいです。








奥田民生のライブ中には、オレの横にバナナマン日村がいた。

9割まず間違いない。どっちもファンだけにどっち見ていいか迷った。


とにもかくにも、あんな最高空間を体感できたこと・・・



恵まれている。



一昨日は桑沢(デザイン専門学校)時代の仲間と飲み。

これまただいぶ急な話だったにも関わらず、

8人渋谷の立ち飲み屋に集結。


こういう仲間がいることは本当にいいことだと思う。

特別大した話もしてないけど、懐かしく楽しい。



「久しぶりにこんな笑った気がする!」



・・・とか口に出す人間もいる。





「普段どんなにつまらないんっすか!」




・・・っと即座にツッコむも、

その場に居れることが誇らしい。

夜間部だったこともあって、

共通点が多いわけでもないけど、同じ話題で一喜一憂できる。

見よ、この怪しげで楽しげな男たちを・・・






1_2













店に置いてあった弾けもしないギターを持って

昨日見たハナレグミになりきってる男、自重。

一番楽しそうに写ってるのは気のせいです。

適当なことばっか言って、内蔵ばっか食ってましたから。

キチンとした話もダラっとした話もできる、そういうのいいっすよね。



恵まれている。



で、今年の一番の自分ニュースとしては就職

正直、いいことばかりじゃないけど、

そんなことはどこにいったって同じで。


その中で普通に笑い合える仕事仲間もいっぱいできた。

前の会社じゃ本当に壁作って生きたまま死んでた。

一度も人を笑わせなかったと言ってもいい。

その点だけでもものすごく精神的に楽。



恵まれている。



というわけで、今年は恵まれた一年でした。

来年は与える男の側になる。

更新頻度はともかく、来年もブログは続ける予定です。

改めないといけない部分も、

改めるつもりは一切ないですが!


この一年間ワタヒネキミマスを見てくれた友達、

マイミクさん、そして名も明かさず隠れて観てるあなた!

全ての人に感謝してまっす。

来年もよろしくお願いしま~す。

| | コメント (8)

続・ケンタの再構築

12月はなんというか、

伏線回収期間とでも言おうか。

このブログで書いてきたことを

ことごとく実現する形になってしまいました。


どれもこれもオレ発信じゃなく、

周りが実現してくれたようなもんですけどね。

ホント、ありがたいことです。


というわけで、クリスマスイヴイヴ(←これ言う人いる?)に

フライドチキンを食べあさって、再構築しましたよ。

・・・したというのは語弊があるかもしれないので、

しようと試みたと正しておきます。


まぁ~なんせなんの準備も勉強もしていなかったので、

序盤からグズグズ。

そこにあるのは肉が美味いという事実だけ。

とりあえずから余計な肉を取るために、

グツグツ煮てみました・・・





Photo_2













オレはいったい何をやってるんでしょう。



「おっ!いい出汁が出てる!」


・・・じゃねぇっ!!!




ネットで骨の標本作ってるサイトで調べたら、

排水管の毛を溶かすパイプクリーナーを入れると、

肉がきれいに取れるという情報を得て、

実際に入れてみると、本当に面白いように溶けるのね。



「おっ!溶ける溶けるぅ~!」


・・・じゃねぇっ!!!




聖夜を前に、骨を煮て、肉を溶かし、

それを復元して己のメガネを掛けようとしている。

ただの陽気な変態じゃないか。

これ一人でやってたら本格的に心配されるよね。


そこはいいとして・・・

本気でやるには数日間かけないといけないらしいんだけど、

当日に出来上がるはずと無垢な気持ちで考えていたオレは、

1時間も煮ると早々に飽きてきてしまい

をお皿に取り出すことに。


肉がなくなったからなのか、もろい骨まで溶けたのか、

妙にこじんまりと見えるたち。

ちゃんと1匹分注文したのに、何かが明らかに足りない。


誰もが失敗の二文字を頭に浮かべ、

なんともいえない空気に。。


中には1時間をかけてうちまできてくれた先輩もいる。

みんなを巻き込んだわけでもないのに、

現場がオレの家という事実が、

目に見えぬプレッシャーとなって襲い掛かる。


菜箸を持った右手で、無言のまま骨を並べ始めました。

もう鶏じゃなくても形になればいいだろ。

すでに負け試合は決定。

消化試合だろうと球は投げないといけない。

それが場所を提供してしまった者の務め。


で、できたのがこちら・・・






2













作った本人も苦笑いですからね。

すごく小さな声で・・・



持たせよ。」



・・・とか言ったりね。





フライド何だよっ!!!




・・・みたいな元気のいいツッコミはできなかったです。

ま、やると言ってやらないより、

やってみたという事実に拍手したいです。


その後、みんなが飽きた頃に、

一応立体にしてメガネだけは掛けておこうと思い、

ベタベタの骨に強引にマスキングテープで

立体におこしたのがこちら・・・






3













ちょっとだけかっこいいから困る。

この場はそこそこ盛り上がってもらえたけど、

みんなの見てないところで、

このメガネに付着した油を拭いてるオレ

想像してください。

オレは自分で思ったよ・・・





「絶対こんな奴、彼女できねぇ!」って。




彼女がいない時期に、

「別にいまは彼女いらない」発言は無意味だ。

本人の意向はどうあれ、そこには虚しさしか生まれない。


個人的にはめちゃくちゃ欲してるわけでもないし、

いればいるでいいな~ってとこなんだけど、

こんな男に合う人ってなかなかいないでしょ?





オレいま泰葉が浮かんだんですけど。



| | コメント (6)

続・トロフィー部

先週の日曜日の話なんですが、

センス姉さんこともっちからトロフィーいただきました。


そうです。

トロフィー部は続いていたのです!!

【知らない方はこちらを参照 → こちら


まぁ~まずはその現物を見てください・・・





Photo

















見よ、このボリューム感!立派!

トロフィーという単語の前に「これぞ」を付けたい!

先端では地球の上でスーツ姿の謎のおっさんが会釈してますよ。

誰に対する表彰時にこのおっさんが必要なんでしょう・・・




オレです!!




何も成しとげていない男がトロフィーをもらうときはコレ。

会釈は申し訳なさの表れ。

そのへんまで加味したもっちのチョイスに深く頷きましたよ。


ちなみに、写真を見てもらえるとわかると思いますが、

トロフィーが入っていた箱には「HAPPY BIRTHDAY」とあります。

オレの誕生日は2月24日


早いプレゼントではなく、遅すぎたプレゼントなわけです。

要するに前日記を読んで、勢いでトロフィーを用意したものの、

あくまでも日記のネタで書いただけで、

実際にもらったらオレが引くんじゃないかと思って、

約10ヶ月近く、自宅のソファー下で眠らせていたという話。

普通に考えればそうなんでしょう。

ただただ不思議人間と世間から思われたいという願望から、

「トロフィーが欲しい」だなんてほざいてるのだと。


・・・そのへん、オレは違います。

ここには真実しか書かない。

心からトロフィーが欲しかったからそう書いただけのこと。

オレはその話を聞いてすぐに・・・



「いやいや!オレ本当に欲しいんだよ!

 なにそれ!ソファー下に置いておくくらいなら、

 ぜひいただけないでしょうか?!」



そんなこんなで、いただくことに。


そして、当日・・・


もっちからスノボーのウェアをもらう約束をしていた

地元民のイトペンと共に、合流場所の新横浜へ。


客観的に見なくとも、オレら二人クズですよ。

なんという27歳

手ぶらで女性からモノをもらいに休日に車を走らすという。

到着すると、ものすごい大荷物でもっち登場。



「本当にダメな奴らだよねぇ~オレらぁ!」



わっはっは~・・・なんつって、セリフとは裏腹に

まったく自覚のない27歳


せめてもの罪滅ぼしじゃないけど、

その後、中華街にてご飯くらいおごらしてくれと提案。

で、何気なく入った店がマズイマズイ!!


家庭料理に劣るどころの騒ぎではない。

オーダー式のバイキングの店だったんだけど、

出る料理、出る料理、基本ぬるい

温かかったら、それだけで美味く感じてしまうような。


料理が運ばれてくるたびにイトペンに食わせて感想を聞く・・・





「ん、これはまだいける。」



「言うなれば?!」





中の下。」




ちなみに最後まで中の下を越える料理は現れませんでした。

むしろイトペン中の下発言が飛び出すや、

食欲が増すというハードルの下がり方。


それは楽しみだ~いただきま~す!ってノリ。




「う~ん♪食えなくはない・・・微味!!」




例えるなら、

ものすごくハードな運動をした後に飲む

めちゃくちゃ美味いとかそういう次元。


途中からは怒りを通り越して、笑えてきましたよ。



「この際、下手に美味い料理を出して欲しくない」



・・・一つの思い出として半端にしたくないわけ。

で、最後の最後に頼んだ料理にちょっとした奇跡が起きました。

【鶏唐揚げのレモンソース仕立て】みたいな料理なんだけど、

運ばれてきて愕然!

肉の上に乗っているフルーツたちが

どこからみても・・・





「これ缶詰のやつじゃん!!」




もう3人大爆笑ですよ。

いよいよはじまったなこの店!

中華街で中華出してる店がよ?!

おまえの土俵だろ。


店の入り口にロケでくりぃーむしちゅーとかギャル曽根

来たときの写真が飾ってあったから入ったのに、

まさかこんなことになるとは思いませんでしたよ。


で、ひとしきり笑った後にあることに気付いてしまい、

また声を荒げることになったのでした・・・





「これよく見たら

 杏仁豆腐の使いまわしじゃんか!!」





1













腹痛いくらい笑いましたねコレには。

どのツラ下げて料理してんでしょ?!

これ2人が全然食わないから、

ほぼオレ一人で完食したけどね。


オレとイトペンはともかくとして、

こんな店でオゴられてしまったもっちは散々でしょうが、

そこそこ笑えたと思うんで許してもらいましょう。


余談ですが、トロフィーをもらったときは例のセリフ吐きました・・・





「これ前から欲しかったんだぁ~!」



| | コメント (4)

2008年12月24日 (水)

年賀状企画

ここんとこブログのネタになるようなことが

いろいろとありました・・・が!

更新は年末になりそうですね。

期待はしなくていいですが、

ダラッとした年末年始の暇つぶしにどうぞ。

さて、去年もやりました年賀状企画

今年は仕事も始めてやるのめんどくせ~とも思いましたが、

なんとか作成しましたよ。

クォリティーには目をつぶってください。

というわけで今回も年賀状を贈ります。

前回、もらった人にはそのまま出す予定ですが、

今回からオレも・私も書いてみようかな・・・

・・・って人がいるんであれば受け付けます。

これはもはや年賀状という習慣を呼び戻す運動なのです。

もしかしたら元旦に着かないかもしれませんが、

ちゃんと出しますんで。

ではでは

| | コメント (6)

2008年12月23日 (火)

M-1グランプリ2008感想

今年も終わったね~。

自分としては例年より盛り上がらなかったです。

なんかコレ!っていうヤマがなかったなぁ。

何よりやっぱりノンスタイルなのか~っていうね。


てか、今年も結構読み当たってたでしょ?!

オードリーも候補に挙げてたし、ナイツ3位もズバリ。

その他も予想をいい意味でも悪い意味でも裏切られなかった。

予想通りすぎた!けしからん!

・・・というわけで振り返っていきま~す。




①ダイアン:6位


今回もまた微妙な結果でしたね。

でも、一番手としては上々だったんじゃないでしょうか?!

てか、オレやっぱこの人たち結構好き

とくにツッコミの方がいい味出してる。

前日夜中にやってた生放送の事前番組でも、

フリートークではからっきしな芸人も多い中、

すごく小気味いい喋りをしていた。今後も期待です。

せめて5位4位あたりでも良かったと思います。




②笑い飯:4位


これまた予想の範疇を超えなかったですね。

さすがに少し手法を変えてきたけどね。

でもやっぱ笑い飯(とくに西田)は、

面白い人間の空気感があるんですよね。

牛になって鼻息出してる仕草だけでもちょっと面白い。

でも笑い飯笑い飯を超えられてない。

過去の自分達に完敗していて痛々しさすら感じる。

がんばってほしいだけに残念。

紳助の95点はさすがにやりすぎ。




③モンスターエンジン:7位


ま~~~残念。

やっぱり彼らの漫才はオレが前に感じた通りだった。

ツライですけど、少しも笑えなかったです。

なんでなんだろう。漫才って奥が深いよね。

あのセンスを持ってる人たちが、

なんであの漫才を作るのか意味がわからない。

おどろくほどにベタ・・・というより古典の域でしたよ。

本当にわからないもんですね。




④ナイツ:3位(決勝3位)


1本目は笑いました。

下ネタのあたりで。

『ことをすませば』で。

シモだけどちゃんとネタになってる。

人によっては引くのかもしれないけど、

単純に面白かったですよあのへん。

昨日はやらなかったけど、オリンピックネタで、

100メートル走の凄さを語る際に・・・



だいたい約10秒で走っちゃう』


『そこ曖昧にしちゃあの人たちの凄さ伝わんねーだろ』



・・・ってくだりがあるんだけど、それもツボ。

ナイツの漫才は基本小ボケの応酬なんだけど、

毎回一つはグッとくるフレーズがあるので割と好きです。

言葉フェチの自分としては楽しいです。

2本目は構成が変化ないだけに妥当な結果だったと思われる。




⑤U字工事:5位


自分としてはまさかの5位

裏切られたなこれだけは。

でも面白かったわけじゃなく、

個人的にはやっぱり8位が関の山。

笑いだけは好みだから仕方ない!

ま~~~~~ちっとも笑いどころがないっす!


紳助を筆頭に毎年思ってたことだけど、

「漫才が上手い!」って得点を入れるのって何かね?!

漫才の大会だから正しいとは思うよ?!

でも、原点は!根本は!

「面白い!」唯一の評価基準でしょ~よ?!

そのへんブレてきてないか?ってすごく思います。


あの漫才が腹痛いくらい笑えたのなら話は別だけど。

別に彼らが嫌いなわけじゃないけど、

なんだかな~っと腑に落ちないのです。




⑥ザ・パンチ:9位


これはもうちょっとした事件ですよね。

緊張がこうも伝わってきてしまったら

笑えるもんも笑えないですよ。

噛んでグズグズのボケをツッコむ余裕もなく、

スルーして台本どおり進めるあたりとか。

本当に緊張してたんでしょうね。寝れなかっただろうな。

こっちが胸が痛くなりました。




⑦ノンスタイル:2位(決勝:優勝)


「上手い」でしたね。

けどオレはやっぱり少しも笑えなかったです。

彼らが優勝して、こういうことなんだよねってちょい残念。

これも好みの問題なんだろうけど。


あとね!!!

お笑い好きでずっとお笑い番組観てる人ならわかると思うけど、

彼らって別に最近腕をあげたわけでもなく、

ましてダークホースでもなんでもないんですよね。

かなり昔から漫才は出来上がってたし、

そういうこともあって、余計に目新しさが何一つなく。。

審査員の方からしたら「こんな奴らがいたのか!」・・・

・・・でしょうが、こちとらいまさら感たっぷりですよ。

そんな視聴者の言い分は何より価値がないこともわかってます!

でもぉ~でもぉ~~~~なわけですよ。




⑧キングコング:8位


予想では1位に挙げられてた彼ら。

完全に客がついてこなかったですね。

個人的にはいつも通り。

いつも昨日の客のリアクションでしたよ。

正当な評価とすら思いましたよ、えぇ~。


ただね!!

キングコングは好きじゃないけど、偉いと思う。

去年も書いたけど、すでに売れてるしデメリットしかないもの。

漫才が好きで漫才で勝ちたいって想いは重い。

よく泣くの我慢できたなと思う。

でもやっぱオレは笑えなかった。でも関心した。




⑨オードリー:1位(2位)


正直、一番笑えました。

これは漫才じゃないなんて意見もあるけど、

あれはあ~いう漫才だよ。

くだらなくて、面白い。今田がツボに入ってたのもわかる。

個人的にはオードリーにあげたかった。

あの、手で群衆を演じるくだりで・・・



左手:「春日ぁ~!」


右手:「ハッ!!」



・・・で、噴きました。

ハッ!ってなんだよと。

バカバカしいことをあの舞台でやってくれて、

セオリーから外れない優等生漫才のノンスタイル

辟易していたので嬉かったです。





またまた長くなりましたがこんなとこでしょうか。

こないだ検索ちゃんでミドル世代の芸人がネタやってたけど、

そっちの方が数倍面白かったですよ。

結成10年以下って条件がなかったら、

一気にその場を奪われてるでしょう。

要するにM-1初期の面々。


ちょうど来年で10年くらいだし、

一度これまでのチャンピオン(+Mr.M-1特別枠で笑い飯)

グランドチャンピオン大会やればいいのに!

きっと優勝はあいつらだ・・・ニヤリ「

| | コメント (6)

2008年12月16日 (火)

胸を焦がす日々

人恋しいこの季節。

キュンとくれば御の字。


でもオレいまグフッときてる。

そう、毎度の事ながら胸焼け

ホントにしょっちゅうこれ報告してるよね。


オレ、人よりきっとよくなってる。

年に11回はなってる。

ギリで月イチまぬがれてる。

そんな感じ。アァーイェ~。


要するによく食ってるってことなんだろうな。

振り返れば家着いて、ペプシネックス3杯飲んで、

牛丼に高菜乗せてマヨネーズかけて、

最終的に少し残っていたタルタルも添えてみた。

その間、味噌汁2杯飲んだ。


そのあとミニクリームパン1つ食って、

マカダミアンナッツチョコ3粒食って、

余ってたキットカット3個食った。

きっともっと食べていた。残っていたならば。


ちなみにチョコ食うときはミルクティー2杯飲んだ。

その後、テレビを観ながらりんごジュースを飲んだ。


こう活字にしてみるとアホですわ。

胸、放火状態

焼ける焼ける。

寝るときになってウゥ~とか言いながら・・・





「なぜだ?!」




・・・とか、思うほうがおこがましいって話ですよね。

焼けるべくして焼いている。


胸焼けウェルダン乙。

| | コメント (6)

2008年12月14日 (日)

M-1グランプリ2008予想

またきましたね、この季節が。

年々、出場者のマンネリと小粒感が増してきて

昔ほどの熱がなくなってきたM-1ですが、

やっぱり楽しみなんですよ。お笑い好きとしては。


もうね、M-1前後の日記に関しては恒例化してますんで、

うっとうしがられようがやりますよ。

というわけで、今回の出場者をネタ順に一言・・・




1.ダイアン

この人たち割と好きです。

つかみさえ上手くいけばそこそこいい点いくと思います。

一番手ということもあって厳しいだろうけどね。

大会自体の成功も含めて頑張って欲しいです。

2.笑い飯

去年も書いたけど、どこか変えないと無理っすよ。

それが途方もなく難しいことはわかるけど、

いつもと同じ構成だったらまず優勝はないと思います。

でも笑い飯には期待せずにはいられない。

あの衝撃(歴史民族博物館)よ、再びと。

3.モンスターエンジン

モンスターエンジンは、今大会のキーパーソンでしょうね。

おなじみの暇を持て余した神々の遊び”を観る限り、

そのセンスについては申し分ないと思われます。

ただ、にのうらご(昔は3人組でした)時代も含めて、

漫才ではそこまで笑った覚えがない。どうなんでしょうか?!

それでも決勝に残ったってことは開花したということなのか、

はたまた単に人気が出たということなのか?!

その答えは当日わかるわけですね。楽しみです。

4.ナイツ

今回、優勝候補に挙げる人も多いみたいですね。

内容はそんなに斬新じゃないだけに、

同じ台本で他の人がやっても笑えないと思います。

言葉の抑揚とか間とか、漫才が上手いっていうのはこういうこと。

ただ上手い=優勝ではないからね。

すでにテレビでネタやりまくっちゃってるし。

新しい手法があるとは思えないし、不利な要素は多いです。

きっと3位あたりになるんじゃないかな~。

5.U字工事

好きな人には申し訳ないですが、「なんで?!」という感じです。

訛りについては個人的にはまったく笑いに繋らないですしね

どの舞台でもB級レベルという印象しかないんですよね。

恐縮ですけど、最下位か良くても8位だと思います。

6.ザ・パンチ

漫才形式では観たことないですけど、

きっとあの型は変わらないんでしょうね。

この人たちはどのくらい受け入れられるのか判断つかないなぁ。

客にというより、審査員の方々にね。

可もなく不可もないような順位に収まるような気がします。

7.NON STYLE

テンポがよくてかわいい的な・・・女性受けがいいイメージ。

そういう意味では客にはまず間違いなくウケると思うけど、

審査員が、どうとるかだと思うんですよね。

客の反応に寄る感じだったら決勝の決勝3組に残るかもですね。

個人的にはあんまり・・・です。

テンポよくて楽しげですけど「うぉ!」と思えたことがないです。

8.キングコング

ファンもアンチも多そうな彼らですが、

自分はどちらかというと後者ですね。

NON STYLEもそうですけど、

よく練習したんだろうな~と感心はすれど、笑えないっていう。

でも、きっと彼らは去年の流れもあって優勝戦線に残るんでしょうね。





さて。





長々々と毎度のように語ってしまいましたが、こんな感じでしょうか。

みなさんどんな感じ?そんな興味ない?

では、続いて敗者復活の予想に参ります。


(まだあるのかとか言わない!)


はい!じゃー今年もまた3組挙げておきます!

試験に出るぞぉ~(?)!!




①東京ダイナマイト

去年も挙げてたけど、やっぱりこの人たちに一番出てきて欲しい。

というのもですね・・・

新しいことやっててなおかつ笑えるコンビって

他になかなか見当たらないんですよ正直。

で、しかもこの人たちのすごいところは

いまだに未完成っぽすぎるところ。

伸びしろがまだまだ残されてるはずなんです。

マジで出てこないかな~!

②ハイキングウォーキング

すでにテレビ出てる・・・というより出すぎてるから、

割とみんな普通に観ちゃってると思うけど、

この人たちって実はかなり腕ありますよ。

卑怯な鉄板ネタはもちろん、どの番組出ても

スベってるところをあまり観たことがない。

きっと漫才やらしても面白いはず。

マジで出てこないかな~!




・・・う~ん、3組と書いたけど、

他にコレって感じのコンビが見当たりませんでした。

前回推したジャルジャルは、そっちに向かうか~って感じあるし。

面白いネタは面白いけど、自分達の笑いにストイックすぎる。

好みは別にして・・・



パンクブーブー・オードリーPOISON GIRL BAND



・・・あたりもありそうな感じがしますね。

みなさん大好きな麒麟千鳥あたりが出てこられるとしんどいです。


あぁ、なんにせよ楽しみってことですね。

| | コメント (6)

2008年12月10日 (水)

ケンタの再構築

前の日記でちらっと触れた、

ケンタッキーフライドチキンの骨を再構築する話。


(なんだよその話!)


まだいつになるかも決まってない・・・

やりたい=ウォンチュ止まりな案件ですが、

今朝、たまたま発起人と行きがいっしょになったので

それについて話してるうちに

なんと立体で組み立てる流れになってきました。

ちょこっとメラメラきましたよ。


いまのところイメージでは、

骨を集め終わったらキレイに洗ってヤスリをかけて、

瞬間接着剤で立体におこして塗装することになってます。



予定ではメガネ掛けにするつもりです。



かっこよくない?!

本気でアリだと思ってるんですけど、どう思います??






Photo















↑てか、オレの鶏でかくない?!








・・・オレの鶏てっ!!!!


| | コメント (6)

2008年12月 7日 (日)

結婚しよっかな

相手いないけど!

じゃ~無理ですよねぇ。


昨日、前の会社の同期の結婚式に行ってきて、

願望は少なくとも、これはこれでステキだなと思ったわけで。


でもオレと結婚は、まるでテグスプリン

『結びつかない』という新たな表現

気にしないでください。


これについてはどうやら傍目から見ても明らかなんですよ。

こないだ(今の)会社で、麻雀の話になったんだけど

オレが麻雀をやらない理由を・・・



終わりが曖昧なものって嫌いなんですよ。

 キャッチボールとかも止め時が難しいでしょ?

 誰発信でコレいつ終わるんだ?!っていうやつ。」



頭上に?マークを浮かべる女性二人に対して、

追い討ちをかけるように・・・



「何分なら何分と決まってないものって

 割と序盤で飽きちゃう傾向にあって

 めんどくさいに繋がっちゃうんですよねぇ~。」



・・・と、女性が一番嫌うワード『めんどくさい』を使った瞬間、

この二人は軽蔑の表情を浮かべ・・・





「これだからクリスマス予定ないんだぁ!」




・・・とか言い出す始末。

そんなんじゃダメだとか、最低だとか。

ほっとけと。

そんなこと言ってる二人もクリスマス予定ないというね。





「クリスマスみんなでケンタッキーのチキンを食べて

 骨を再構成して1匹に戻す作業をしようよ!」




・・・とか、言ってるし。オレみたいなこと言ってるし。

それすごくやりたいけど、オレはM-1を見たい。


まぁ~なんにしてもですね、

この世はでっかいめんどくさい。

そうさ今こそアド街観て外出した気分になりましょうよ・・・

・・・って感じですかねぇ。


毎年言ってるけど、イルミネーションってなんだよ!

エコエコ言ってるくせにYO!一番の無駄だろアレ!

電気を使わずキャンドルを・・・なんて流れもあるんでしょうな。

勝手にしろといいたい。オレはM-1を見たい。


あまりめんどくさいと言うのは

我ながらどうかと思うんですけどね。

稲中で有名な古谷実先生の新作・ヒメアノ~ルの中に

ものすごく共感できる一文があったので紹介したい・・・




『僕は自分を甘やかしすぎた

 ストレスの少ない方へ少ない方へ

 ただ逃げまくるだけで・・・

 みんながんばって毎日を楽しんでるんだ

 がんばって彼女つくって がんばって友達つくって・・・

 めんどうなこともちゃんと受け入れてるんだ・・・

 よし!僕ももうがんばるぞ!今日からがんばる!』




ここ読んだ瞬間、オレか?!オレのことなのか?!って思った。

この主人公はこれに続いて期限内に恋愛すると決めて、

もしそれを実行できなかったときには

1年間炭酸を飲まないという罰を己に課す。


そういえば独り身のくせに、



「今年中に結婚できなかったら会社辞めて海外に行く」



・・・と宣言していた地元民は、結婚こそしてないものの、

最近、彼女ができた。まだ間に合うかもしれない。


オレもなんかそういう宣言するべきなのかな~。

逆に1年間ペプシしか飲まないってのはどうだろう?!





自分にとっては願ったり叶ったりなわけだが!!

| | コメント (9)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »