« 胸を焦がす日々 | トップページ | 年賀状企画 »

2008年12月23日 (火)

M-1グランプリ2008感想

今年も終わったね~。

自分としては例年より盛り上がらなかったです。

なんかコレ!っていうヤマがなかったなぁ。

何よりやっぱりノンスタイルなのか~っていうね。


てか、今年も結構読み当たってたでしょ?!

オードリーも候補に挙げてたし、ナイツ3位もズバリ。

その他も予想をいい意味でも悪い意味でも裏切られなかった。

予想通りすぎた!けしからん!

・・・というわけで振り返っていきま~す。




①ダイアン:6位


今回もまた微妙な結果でしたね。

でも、一番手としては上々だったんじゃないでしょうか?!

てか、オレやっぱこの人たち結構好き

とくにツッコミの方がいい味出してる。

前日夜中にやってた生放送の事前番組でも、

フリートークではからっきしな芸人も多い中、

すごく小気味いい喋りをしていた。今後も期待です。

せめて5位4位あたりでも良かったと思います。




②笑い飯:4位


これまた予想の範疇を超えなかったですね。

さすがに少し手法を変えてきたけどね。

でもやっぱ笑い飯(とくに西田)は、

面白い人間の空気感があるんですよね。

牛になって鼻息出してる仕草だけでもちょっと面白い。

でも笑い飯笑い飯を超えられてない。

過去の自分達に完敗していて痛々しさすら感じる。

がんばってほしいだけに残念。

紳助の95点はさすがにやりすぎ。




③モンスターエンジン:7位


ま~~~残念。

やっぱり彼らの漫才はオレが前に感じた通りだった。

ツライですけど、少しも笑えなかったです。

なんでなんだろう。漫才って奥が深いよね。

あのセンスを持ってる人たちが、

なんであの漫才を作るのか意味がわからない。

おどろくほどにベタ・・・というより古典の域でしたよ。

本当にわからないもんですね。




④ナイツ:3位(決勝3位)


1本目は笑いました。

下ネタのあたりで。

『ことをすませば』で。

シモだけどちゃんとネタになってる。

人によっては引くのかもしれないけど、

単純に面白かったですよあのへん。

昨日はやらなかったけど、オリンピックネタで、

100メートル走の凄さを語る際に・・・



だいたい約10秒で走っちゃう』


『そこ曖昧にしちゃあの人たちの凄さ伝わんねーだろ』



・・・ってくだりがあるんだけど、それもツボ。

ナイツの漫才は基本小ボケの応酬なんだけど、

毎回一つはグッとくるフレーズがあるので割と好きです。

言葉フェチの自分としては楽しいです。

2本目は構成が変化ないだけに妥当な結果だったと思われる。




⑤U字工事:5位


自分としてはまさかの5位

裏切られたなこれだけは。

でも面白かったわけじゃなく、

個人的にはやっぱり8位が関の山。

笑いだけは好みだから仕方ない!

ま~~~~~ちっとも笑いどころがないっす!


紳助を筆頭に毎年思ってたことだけど、

「漫才が上手い!」って得点を入れるのって何かね?!

漫才の大会だから正しいとは思うよ?!

でも、原点は!根本は!

「面白い!」唯一の評価基準でしょ~よ?!

そのへんブレてきてないか?ってすごく思います。


あの漫才が腹痛いくらい笑えたのなら話は別だけど。

別に彼らが嫌いなわけじゃないけど、

なんだかな~っと腑に落ちないのです。




⑥ザ・パンチ:9位


これはもうちょっとした事件ですよね。

緊張がこうも伝わってきてしまったら

笑えるもんも笑えないですよ。

噛んでグズグズのボケをツッコむ余裕もなく、

スルーして台本どおり進めるあたりとか。

本当に緊張してたんでしょうね。寝れなかっただろうな。

こっちが胸が痛くなりました。




⑦ノンスタイル:2位(決勝:優勝)


「上手い」でしたね。

けどオレはやっぱり少しも笑えなかったです。

彼らが優勝して、こういうことなんだよねってちょい残念。

これも好みの問題なんだろうけど。


あとね!!!

お笑い好きでずっとお笑い番組観てる人ならわかると思うけど、

彼らって別に最近腕をあげたわけでもなく、

ましてダークホースでもなんでもないんですよね。

かなり昔から漫才は出来上がってたし、

そういうこともあって、余計に目新しさが何一つなく。。

審査員の方からしたら「こんな奴らがいたのか!」・・・

・・・でしょうが、こちとらいまさら感たっぷりですよ。

そんな視聴者の言い分は何より価値がないこともわかってます!

でもぉ~でもぉ~~~~なわけですよ。




⑧キングコング:8位


予想では1位に挙げられてた彼ら。

完全に客がついてこなかったですね。

個人的にはいつも通り。

いつも昨日の客のリアクションでしたよ。

正当な評価とすら思いましたよ、えぇ~。


ただね!!

キングコングは好きじゃないけど、偉いと思う。

去年も書いたけど、すでに売れてるしデメリットしかないもの。

漫才が好きで漫才で勝ちたいって想いは重い。

よく泣くの我慢できたなと思う。

でもやっぱオレは笑えなかった。でも関心した。




⑨オードリー:1位(2位)


正直、一番笑えました。

これは漫才じゃないなんて意見もあるけど、

あれはあ~いう漫才だよ。

くだらなくて、面白い。今田がツボに入ってたのもわかる。

個人的にはオードリーにあげたかった。

あの、手で群衆を演じるくだりで・・・



左手:「春日ぁ~!」


右手:「ハッ!!」



・・・で、噴きました。

ハッ!ってなんだよと。

バカバカしいことをあの舞台でやってくれて、

セオリーから外れない優等生漫才のノンスタイル

辟易していたので嬉かったです。





またまた長くなりましたがこんなとこでしょうか。

こないだ検索ちゃんでミドル世代の芸人がネタやってたけど、

そっちの方が数倍面白かったですよ。

結成10年以下って条件がなかったら、

一気にその場を奪われてるでしょう。

要するにM-1初期の面々。


ちょうど来年で10年くらいだし、

一度これまでのチャンピオン(+Mr.M-1特別枠で笑い飯)

グランドチャンピオン大会やればいいのに!

きっと優勝はあいつらだ・・・ニヤリ「

|

« 胸を焦がす日々 | トップページ | 年賀状企画 »

コメント

わわぁ〜。すごいねぇ〜!
ホントに毎回感心するわぁ〜!!!!!!
ってか尊敬するわぁ〜!

オードリーがもっちも一番笑ったかも。
敗者復活だと緊張よりも
事を終わらせるのに必死で、
意外と本来の力がだせるのかもねぇ〜。

毎回思うケド、M-1宝くじなんてゆーものが
存在したら、いさくん大もうけじゃん!

分かりやすいし、何より視聴者の気持ちを
簡潔にしてるよぉ!

昨日会社でも、参加条件について
語られててさ、昔より盛り上がりに
欠けるというか。。
でもM-1って、裏に隠されたドラマがあってすごいよね。
面白い面白くないをさておき、
その真剣に夢に向かってる姿がグッとくるよ。

ミドル世代のひと達はほんと面白いもんね☆
その大会是非やってほしいわぁ〜。

投稿: もっち | 2008年12月23日 (火) 08時48分

あぁ~オードリーは本当に残念!!
一番おもしろかったのにね~

ノンスタイルはうちの家族誰も笑ってませんでしたけどrain
なんとも納得いかない結果だったかなぁ

西野が泣くのガマンできたのが母性本能直撃でしたw
U字工事は3位くらいでも良かったかも?

グラチャンいいね!懇願します!!

投稿: clover | 2008年12月23日 (火) 13時11分

今年もM-1 仕事で全部見られへんかったんやけど、決勝とその前のオードリーのネタだけ見られたよ。

みんながおっしゃる通り ダントツ オードリーやわ。
理屈なしでおもろかった!!
春日のあの唐突なボケは誰にも真似出来へんよね。
はたかれてる時の表情だけで笑えるって天才やわー。

ノンスタイルは。。。
関係ないかもやけど、あの全身白はちょっと。。。白のパッツンパッツンのパンツが気になりすぎてネタに集中出来んくて邪魔やった。。。
なのでネタが殆ど頭に入らず終わったよー。


ナイツは、お笑いホープ大賞の時の方がテンポ良かった。
M-1決勝は二人のリズムが微妙にズレた感じがして ぴたっとハマってない気がして楽しめんかったなぁ。

正月休みに入ったら じっくりDVD見るの楽しみやわー。

投稿: なおちん | 2008年12月25日 (木) 02時13分

>もっち
格闘技の世界と同じで、
全体の技術が向上してくると
試合自体はつまらなくなる傾向ってあるんだよね。

M-1も漫才の技術で言えば
昔より達者な人たちが増えたような気がするけど、
昔より面白い人は減ったように思うわけで。
それが思いっきり盛り上がりに直結してる。

でも、そうなのよ。ドラマなのよ。

お笑い好きとしては、
1年間漫才にかけてきた人間達が、
あの場で勝負するというドラマ。
内容は面白いに越したことないけど、
そのドラマだけで満腹なんですよ。

うん。オレは続けて欲しいなM-1。

>clover
U字工事よかったんですねw
ごめんなさい、笑いどころないなんて言ってw!
もうそこは好みだから仕方ないですよね。

ノンスタイルはうちの両親は爆笑だったらしいし。
「圧勝だった」とか紳助みたいなこと言ってたし。

グランドチャンピオンもいいし、
品川がブログで書いてたけど、
10年以上20年未満の芸人の
M-1ミドルもいいよね。
それ絶対レベル高い!!!まず間違いない!!!

>なおちん
オードリーは若者ウケするのかね。
親世代は意味がわからないらしいです。

お笑いホープ大賞ね!
オレも見たよ。
客が固すぎて全員スベってる中、
ナイツだけはバンバン笑いとってたもんね。
あれはたしかに面白かった!

本当に間が命なんだな~って思うよねつくづく。
一呼吸で笑えるか笑えないか変わってくる。
素人が簡単に真似れるわけないっつーのに、
忘年会では漫才やるような人も多いんだろうな。。

オレ、いまからがんばって、
2年後に忘年会で漫才見せれるレベルにしようかなw

投稿: イサザ | 2008年12月25日 (木) 23時11分

オードリーの面白さに全然ハマれなくて、途中から「ムリッ」って思ったくらい。
ノンスタイル初めてみたから、ネタも新鮮に感じられて素直に楽しめたよ。
ただ、私の中でナイツが2位だったなー。
あの淡々とした中からジワジワくる下ネタ。笑いをこらえられなかったよ☆
働き出してからほとんどテレビ見なくなっちゃってて、芸人さんの顔ぶれも私にとっては新鮮な人ばかり。
今回のM-1は好みがスッパリ分かれた感じだったよ。

投稿: mikey | 2009年1月11日 (日) 00時51分

>mikey
オードリーやっぱり無理なんだねw
もう好みだもんねそこは。

ノンスタイルは相当昔から
爆笑オンエアバトルとかで見てたから、
個人的にはまったく新鮮味がなかったです。。

ナイツも観すぎてたからなぁ~。

オードリーは1分ネタ以外であまり見てなかったから
自分としては余計に楽しかったです。

働き出すとたしかに見なくなるよね。
オレは録りまくって観てるけどw
だから週末大変。

投稿: イサザ | 2009年1月12日 (月) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胸を焦がす日々 | トップページ | 年賀状企画 »