« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月25日 (日)

ラーメンズなど

眠し。

今月やたらに忙しないです。

土曜出勤がデフォルトになってしまってます。

落ち着いたら、絶対代休とってやる!


飲みだのカラオケだの、

約束しつつも実現してない面々へ告ぐ。

2月中旬あたりからは多少余裕ができると思いますので、

そのときはぜひぜひお付き合い願います


連絡はどちらからともなく。

虫の知らせ、または風の便りでよろしく。

メールっていうのを使ってもいいと思います。

(なんだこのとっ散らかった文章。。)


さて、書きたいこともいろいろありますが、

眠い上に、録り貯めたTVショーを消化しないといけないので、

サクッと終わらせます。




ゴルゴ13(文庫版1~8巻)を買いました。

ブックオフで。

あいつ29歳なのな。


13歳かと思ってた・・・

つってね。


ゴルゴ13は前々からちゃんと読みたかったんだけど、

いかんせん120巻近いそのボリューミーな容量

恐れおののき、飯を炊き、コーラを飲んで目をそらしてました。


でもこないだiphoneの無料アプリでゴルゴ13があったから、

会社帰りに読んでみたんですよ。

面白い。。

昔、床屋さんで読んだときはこんなに面白いと思ってなかった。

歳が近づいたからだろうか。

面白いのだ。


あとね、プロゴルファー猿をコンビニで買ったんだけど、

これは爆笑。安孫子サイコー。

著作権とかわからないけど、

よくネットで漫画の一部公開してるブログもあるし、

一度、どこがどう面白いのか日記に書きたいと思う。



・・・ここらで日記終わる予定だったんですが、

散らかった日記なのでこの際、

書きたいことだけ書いておこう。


ラーメンズ本公演決まりましたね。

これはチケット取りたい。

ついでに【text】【home】のDVD化も決まったみたいで。


ラーメンズって色んな種類のコントをやるから、

1つコントを見せて「どう?」ってわけにはいかないんですよ。

だから多少なりとも興味のある人にしかなかなか薦められない。


そんなわけで、その興味、取っ掛かりのために、

動画載せておきます。

気になった人は耳打ちしてください。

DVD貸します。




【 ラーメンズ / 新噺 】





【 ラーメンズ / ギリジンツーリスト 】





| | コメント (7)

2009年1月18日 (日)

マスコミの至らなさ

マスコミには言いたいこといっぱいあるけど、

今回はあんまり小難しくない話を一つだけ語りたい。


こないだ殺人事件か何かの街頭インタビューを見たんすよ。

例の如く、2,3人のインタビューが続くんだけど・・・


一人目が長髪色白の女みたいな男


二人目が普通のおっさん・・・なんだけど、

顔出しNGなのはいいとして、なぜかうなじのアップ



「耳の裏に吹き出物できてるよぉ~。。」



・・・って思ってしまい、何を語ったかは一切覚えていない。


三人目がおじぃさんみたいなおばぁさん・・・

・・・いや、三人目についてはいまだに判断がつかない。

今思うとおばぁさんみたいなおじぃさんだった気がする。


要するに、興味の対象が散らかっちゃうって話。

そのへん考慮してくれって言いたい。

できるでしょ?!

できるのにやらないだけだ。



女性のブラジャーの広告外国人女性が使われるのは、

もし日本人女性だと自分の体型と比べてしまい、

商品に目がいかないから・・・という理由らしい。


考えられている。

たしかに外国人のブラジャーにはエロさを感じない。

(そういうことじゃないですか?!)


だいたいわかりますよね?

伝えたいこと、見せたいもの、訴えたいこと、には

不純物はいらないということ。


インタビューは凡人の中の凡人に・・・

日本人の最大公約数みたいな人間に限ってほしい。

よろしく頼む。

| | コメント (4)

2009年1月12日 (月)

虫とコウモリ

いつからかが嫌いじゃなくて、怖い

大人になってからに触れなくなったって人も

割と多いんじゃないでしょうか?


これについては説明がつく。

よくここでも書いてるけど

大人になるにつれて確実に予想外って減ってくわけ。

なんせ経験が違う。電車も乗れば、酒も飲む。

全てが未体験だらけの子供とは驚きの数が違う。


例えばを見てびっくりする大人はいないだろう。

経験しているからね。



「子供もびっくりしてないじゃん。」



・・・って、思った人は考えが浅い。

米を炊くときの、米と水面くらい浅い。

一度、滝に打たれればいいと思う。


いいですか?!


子供はを履かされたときびっくりしてるんですよ!

それはもう超びっくりしてる。



「これ!ウンコ踏んでも安心じゃん!!」



・・・とか思ってるし、

ウンコ」「踏ん(フン)でも」と、

思いがけずウンコ的存在が2回続いたことにも驚いている。


ただ大人と何が違うかというと、

リアクションを取ることを覚えてないんですよ。

リアクション未経験


いざ履かされてるときはボーっとしてたり、

なんの根拠もなく嫌がったりしてる彼らですが、

一度、を履いて外を歩くと驚きを隠せずに、

無闇に公園を駆け出すじゃないですか?!


でも、大人はすでにに飽きてるから、

公園で走りだすこともないし、

公園自体にも飽きてるから、まず公園に行かない。

そうやってどんどんつまらない世界に染まっていく。

世の中のほとんどが予定調和になっていくんです。


そんな状態を覆すのがなのです。


その動きは予測不可能、ゆえに怖い。

子供にとっては予測不可能な日々こそデフォルトで・・・

だからこそなんてものは日常そのものなんですよ。

ゆえに怖くない。どころか楽しいお友達。


オレが小学生の頃は、

男子の8割はお気に入りのトカゲを飼ってたし、

残りの2割ポケットに入れて持ち歩いていた。

今じゃ考えられない。


それどころかですよ!

これ前にも書いたと思うけど、

うちの小学校にコウモリが棲みついちゃって、

体育館倉庫にコウモリの赤ちゃんが落ちてたりしたんです。

空前のコウモリ飼育ブーム到来。


この際、もう一度くわしく当時を振り返ってみたいと思います。


まだ目もあいてなくて、当然空を飛べるはずもなく、

羽をバタつかせてハイハイしてるようなやつを飼うブーム。

ちょうどトカゲくらいの大きさだったから、

当然ポケット行きです。

その状態でサッカーとかやるんだから、子供は恐ろしい。


で、数人がコウモリの赤ちゃんをゲットして飼育してたんだけど、

最初こそみんなこぞって興味を示したくせに、

そのうち飽きるわけですよ。

で、その存在自体を忘れた頃に・・・





「なんか小林君の机臭くない?!」




・・・っとクラスの女子が言ったんです。

引き出しを開けると腐った給食のパン発見。

「わぁ~!!」っと言いながらクラス大爆笑

で、すぐにそのパンは処理されたわけですが、





「まだ臭くない?!」




・・・っとクラスの女子が言ったんです。

で、小林君の引き出しをさらに奥まで開けると・・・






コウモリ死骸発見




・・・猟奇事件ですよ。

クラスがパニックに陥ったもん。

「わぁ~!!」という反応は同じでも、そこに笑いはない。

完全に引いてましたみんな。

なんでそんなとこに入れてるんだよと。

大事にしまってたんだろうけど、


腐ったパンに気付けない小林君のことだ。

コウモリのことよりも、昼休みのサッカーの方に

意識を持っていかれてたんだろう。

ただ、当時一つ納得いかなかったことを

いまだに覚えてるんだけど・・・





小林君引いてたんだよね。




おまえが引いてんじゃねぇっ!って思いました。


子供は無知ゆえに恐ろしい。

大人は知っているがゆえに恐ろしい。

結局、世の中恐ろしい。


が怖いんやない。

人間が怖いんや。



あと、缶切りで開けたときの缶詰のケバケバ・・・




・・・あれも怖いんや。


| | コメント (9)

2009年1月11日 (日)

老人と子供のポルカ

前の日記でちょろっと引用した歌詞・・・



ズビズバー パパパヤ~♪

やめてけれ やめてけれ

やめてけ~れ ゲバゲバ♪



・・・についてですが、

前日記のコメントで何の曲か知りたいという

mikeyさんのリクエストがありましたので、

動画を貼っておきますね。


てか、これ改めて観ても本当に面白い。

どういう経緯で作られたのかしらないけど、

仕上がりはカオスというか何というか。

もはや現世ではない感じ?!

天国ってこんな感じ?

そんな感じ。


ちなみに老人は左ト全という俳優さんです。

相~~~~当ぉ~~~~古い歌だろうけど、

なんでしょうこの熱さ。最高です。


老人がちゃんと歌えるかわからないからか、

ヴォーカル入りの音源使って、さらにその上から歌ってるんだけど、

それにすら言葉が追いつかなくて副音声みたいになってるし。


最後なんて本人笑っちゃってますから。

「よぉ~」はいらないよぉ~。

ま、実際に観てみて下さい。


オレ自身この曲を何で知ったのか覚えてないんだけど、

キャンプ場で借りる鍋についた油汚れのように

頭にこびりついてしまってて、

いまだに脳内シンギングを繰り返してます。

きっとこれ観た人は全員そうなる。


というわけで、未見の人は必見。

存じてる方は・・・まぁ~観なくてもいい。

これを観ずにいいとも増刊号でも観ればいい。

観るがいい。

ミル貝。







| | コメント (5)

2009年1月 5日 (月)

鼻と喉との間には♪

昼ぅ~に飲みそびれたぁ~米残るぅ~♪

君ぃ~が笑ってくぅ~れるならぁ~♪

僕は悪にぃ~でもぉ~なるぅ~♪



そんな感じ。

もう最悪。

ずっと鼻と喉の間に米が残ってる



ズビズバァ~パパパヤァ~♪

やめてけれ♪やめてけれ♪

やめてけ~れゲバゲバ♪



・・・っと、鼻をかんでもでてこない。

これたまにありますよね。あるあるですよね。

なんで胃に向かうべき米逆流するんでしょうか?!

オレその瞬間、何かおかしなことしたのか?!


いまだにあるよ鼻と喉の間に。

なんなのここ?!

鼻からの管は喉とは違うとこから通れよ!っと思う。

食うとこと吸うとこがいっしょだからこんなことになる。

便利なようですんげぇ~不便だ。


例えば、口から飲んだ牛乳を目から出す人いるけど、

あの機能、絶対いらないよ。

無駄な機能が多いよ、人間って。

とくに眉毛とか必要ないだろう。

生きる上で。


汗・水から目を守ってるんだとしたら、

まつ毛存在意義はどうなる?!

ゆえにどっちかは確実にいらない。


その点、はすごく便利。

おかげで、いろんな仕事任されすぎている。


メガネなんてがあることを前提としたプロダクトだしね。

ペンを挟む八百屋さんとかさ。

畳んで餃子に見たてることもできるし。


たまにメガネかけながらイヤフォンで音楽聴いてると・・・



「活躍してんな~。」



・・・って、普通に思ったりするんですよねオレ。

はヤバイな。


そしてオレの米は違う意味でヤバイ。

そのうちココで腐って変な感じにならないか不安。

でも、朝起きる頃にはなくなってるんだよね大抵。


・・・ってことは寝ながら食っちゃってるってことだよね。

無意識の方が身体を上手く使えてるって話でした。


そんな話するつもりなかったんですけどね。

寝ます。

| | コメント (5)

2009年1月 4日 (日)

ザ・ドリームマッチ’09

猛烈に感動している。

これはさんまのまんまのゲストに

松本人志が出演したとき以来の興奮。


いや~今年のドリームマッチは素晴らしかった!

これ誰も読まなくてもいい。

吐き出したいこの気持ち。


毎年恒例のドリームマッチだけど、

これまでは正直、ネタそのものの面白さよりも、

あの世代の芸人がネタをやることに意義があるというか、

楽しみ方の趣旨はいわゆるM-1のそれとは違った。

ぶっちゃけこれまではつまらないネタが大半だったし、

1,2組純粋に楽しめれば十分という感覚。


でも、今年は違いました。

すごく面白かった

やっぱり伊達に生き残ってないですよ。

M-1含め、正月ネタ特番の中では一番満足!


あの番組の良さってそれぞれの“っぽさ”

ちょこちょこ見え隠れするところなんですよね。

設楽×蛍原コンビなんてまさに

バナナマンっぽいネタ、そして雨上がりっぽいツッコミ。

毎年思うけど、蛍ちゃんって影の実力者ですよ。

誰とも絡めるし、イジられるキャラでありながら

ツッコミはものすごい安定感ある。


ブラマヨ小杉然り、今日は出てなかったけどフジモンもそう。

お笑い好き地元民・イトペンと話すと、

必ずこの2人の凄さと現代の理想のツッコミ像の話になる。


アラウンドダウンタウン世代のツッコミに求められたのは

試合を組み立て、美味しいパスを送るボランチ寄りの司令塔

要するに厳格なお父さん的ポジションだったわけです。


しかし、お笑い戦国時代に突入し、

大御所たちがゴールデン・冠番組の席を譲らない今、

ツッコミに求められる能力は変わってきました。

いま求められるのは試合をコントロールしつつ

隙あらば自分でも点を取れるジェラードのようなツッコミ!!


さまぁ~ず三村に関して言うと、

最近フォワード化してるけど、

点とってくるからいっか・・・みたいな。

あの人はあの人で何やらせても面白いからすごい。


で、今回優勝を悩んだと志村けんが言っていた・・・

ホリケン×宮迫コンビと、大竹×小杉コンビですが、

ネタの完成度・面白さで言えばこのどっちかだと思います!

本当に上手い上に、面白かった!


で!


で、ですよ!!


今回の感動はやはり・・・





ウッチャン参戦!


松ちゃんとカップル成立!




このことのすごさ。感涙ですよ。

ウッチャンは今現在、芸人として一線にはいないと思います。

ただしそれはコント番組がやれないいまのテレビ界だから。

【やるやら】【笑う犬】、コントをやらせたらウッチャンは光る。


そしていまだに深夜だったり特番で、

なんとかコント番組をテレビで復活させようとする姿勢。

これにお笑いファンは胸を打たれている。


そんな彼があの場に出てくる。

これものすごい勇気いることだと思うんですよ。

もうね、頭下がるんですよ。


あの歳、あの世代は、仕切ってれば問題ないのに、

スベるスベらないじゃなく現場でやらないといけない・・・

そういう感覚でドリームマッチもやっていると

松ちゃんはラジオで語ってましたが、

それ以上にあのメンツにウッチャンが飛び込むことは

勇気のいることだったと思うんです。


しかもその二人がコンビを組んだんですよ!!



「うぉ~~~~!!!!」



・・・って声出そうになったし、かなりジーンときた。

【夢で逢えたら】については、直撃世代じゃなく、

あとになってから見たくらいだけど、

そのへんのノスタルジーを感じ取れるのは、

きっと20代後半~なんだろうね。

それだけでお腹いっぱい。


優勝はやりすぎだろ~っという感覚は今回に限ってはないです。

ネタがとんでもなく笑えなかったら別だけど、

お互いの“っぽさ”が出てるコントだったし、

何より舞台でやるネタというよりも、

テレビコント番組を意識させる作りにグッときた。

あれなら毎週シリーズ化できるじゃんか。


コント番組で名を馳せた2人が

無意識の内にそういう要素を盛り込んでいるように思えて、

一お笑いファンとしては嬉しかった。


そして、番組のエンドロールで二人が・・・



「久しぶりに熱い気持ちになった。」



・・・みたいなこと言って、ありがとうと握手する。

もう~たまらなかった!

お笑いって本当にいいもんだなって思った。

本当にオレ好きだお笑い!!


ウッチャンにはぜひまた【笑う犬】のようなコント番組作って欲しい。

【内P】みたいな本当に笑えるバラエティーでもいい。


松ちゃんまた昔みたいにガツガツやってほしい。

まずは【ガキ】フリートーク主体に戻して欲しい。

【リンカーン】とか観ると残念で仕方ない。。

あなたがいまだにトップだということを見せつけていただきたい!


個人的に(いや、極めて客観的に)思うに、

松本人志という芸人がお笑いというジャンルに残した功績

きっと100年経っても抜ける芸人は現れないだろう。

イチローの成績を超える日本人アスリートが

今後現れないことを確信できるように。


だからこそ、やらかしてほしい。

35歳時分の松本人志に勝負を挑んで欲しい。

ドリームマッチでスベろうともネタをやらないといけないという

意識と覚悟があるなら、一本でも本気の番組を作って欲しい。

今年こそ、期待してます!!




・・・このブログ読んだあなた。

熱すぎて引きましたか?!

でも、オレお笑い好きなんだ!

でも、芸人なんて死んでも目指せない!

なんせ恥ずかしがり屋なんだ!


どうだ!かっこ悪いだろ!!!

ホント芸人はかっこいいよ。

| | コメント (10)

2009年1月 3日 (土)

麺固めのぉ~アケ増しで。

あけましておめでとうございます。

昨日のことなんですが、そこそこ近所なのに、

一度も行ったことないラーメン屋に入ったんですけど、

割と美味しくてまた行こうと思ってます。

・・・はい!不毛な報告はここまで!


2009年って普通に未来ですよね。

去年も同じようなこと書いた気がするけど、

僕らが描いた未来ってこんなだったっけか?!


街は空飛ぶ物体で溢れかえり、

右手をふわっとひろげると

どこからともなくコーラが出現・・・

そんなイメージだったのに。


そうは言いつつも、未来的なモノも色々増えた昨今。

私、まさに今日、i phone デビューいたしました。


前からdocomo→softbankにしようとは思ってたんだけど、

メーカーはNOKIAと決めてたんです。


・・・はい、ここで大きな矛盾

NOKIAじゃねぇ~じゃん、と思ったでしょう?!


だって撤退するって言うんだもんよぉ~NOKIA!!


このご時世このシステム・・・

2年間は端末を変えられないと考えるとなると、

次はスマートフォンだなって考えていたわけ。


で、ちょうどsoftbankからNOKIAEなんちゃらってやつが

発売するっていうんで、もう乗り換える気マンマン。

すでにHPにも発売予定つって載ってたのに、

ここにきて発売中止になるなんて。。


それまで散々・・・



タッチパネルは実際使えない!」


i phoneは日本の携帯文化に適してない!」



・・・とかこきおろしてたのに、

怒りの矛先が見当たらなくて、

もぉ~好きにしろ!って自分を追い詰める形でi phone購入。


で、手にしたらしたでこれがまた愛しい


これから色々アプリ増やしたり、

自分仕様に染めていくのが楽しみ。

手の平返しここに極まるって感じです。


でも、本当ならキータッチの方が好みなんですよいまだに。

ブラックダイアモンドとか他機種も色々イジってみたけど、

画面小さかったり、遊び甲斐もなかったりでねぇ。

なんだかんだでいまスマートフォンを買うなら、

i phone以外の選択肢ってないんだなって気付いてしまったのです。


というわけで、電話番号は変わりませんが、

メアドが変わってしまったので、

お知り合いの方々には近いうちに新メール送ります。


そのためにはアドレス帳を移行しないといけないんだな。

まじでまじですんげ~めんどくさい。


というわけで、今年もよろしく。

ピースバイナラ☆

| | コメント (7)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »