« 老人と子供のポルカ | トップページ | マスコミの至らなさ »

2009年1月12日 (月)

虫とコウモリ

いつからかが嫌いじゃなくて、怖い

大人になってからに触れなくなったって人も

割と多いんじゃないでしょうか?


これについては説明がつく。

よくここでも書いてるけど

大人になるにつれて確実に予想外って減ってくわけ。

なんせ経験が違う。電車も乗れば、酒も飲む。

全てが未体験だらけの子供とは驚きの数が違う。


例えばを見てびっくりする大人はいないだろう。

経験しているからね。



「子供もびっくりしてないじゃん。」



・・・って、思った人は考えが浅い。

米を炊くときの、米と水面くらい浅い。

一度、滝に打たれればいいと思う。


いいですか?!


子供はを履かされたときびっくりしてるんですよ!

それはもう超びっくりしてる。



「これ!ウンコ踏んでも安心じゃん!!」



・・・とか思ってるし、

ウンコ」「踏ん(フン)でも」と、

思いがけずウンコ的存在が2回続いたことにも驚いている。


ただ大人と何が違うかというと、

リアクションを取ることを覚えてないんですよ。

リアクション未経験


いざ履かされてるときはボーっとしてたり、

なんの根拠もなく嫌がったりしてる彼らですが、

一度、を履いて外を歩くと驚きを隠せずに、

無闇に公園を駆け出すじゃないですか?!


でも、大人はすでにに飽きてるから、

公園で走りだすこともないし、

公園自体にも飽きてるから、まず公園に行かない。

そうやってどんどんつまらない世界に染まっていく。

世の中のほとんどが予定調和になっていくんです。


そんな状態を覆すのがなのです。


その動きは予測不可能、ゆえに怖い。

子供にとっては予測不可能な日々こそデフォルトで・・・

だからこそなんてものは日常そのものなんですよ。

ゆえに怖くない。どころか楽しいお友達。


オレが小学生の頃は、

男子の8割はお気に入りのトカゲを飼ってたし、

残りの2割ポケットに入れて持ち歩いていた。

今じゃ考えられない。


それどころかですよ!

これ前にも書いたと思うけど、

うちの小学校にコウモリが棲みついちゃって、

体育館倉庫にコウモリの赤ちゃんが落ちてたりしたんです。

空前のコウモリ飼育ブーム到来。


この際、もう一度くわしく当時を振り返ってみたいと思います。


まだ目もあいてなくて、当然空を飛べるはずもなく、

羽をバタつかせてハイハイしてるようなやつを飼うブーム。

ちょうどトカゲくらいの大きさだったから、

当然ポケット行きです。

その状態でサッカーとかやるんだから、子供は恐ろしい。


で、数人がコウモリの赤ちゃんをゲットして飼育してたんだけど、

最初こそみんなこぞって興味を示したくせに、

そのうち飽きるわけですよ。

で、その存在自体を忘れた頃に・・・





「なんか小林君の机臭くない?!」




・・・っとクラスの女子が言ったんです。

引き出しを開けると腐った給食のパン発見。

「わぁ~!!」っと言いながらクラス大爆笑

で、すぐにそのパンは処理されたわけですが、





「まだ臭くない?!」




・・・っとクラスの女子が言ったんです。

で、小林君の引き出しをさらに奥まで開けると・・・






コウモリ死骸発見




・・・猟奇事件ですよ。

クラスがパニックに陥ったもん。

「わぁ~!!」という反応は同じでも、そこに笑いはない。

完全に引いてましたみんな。

なんでそんなとこに入れてるんだよと。

大事にしまってたんだろうけど、


腐ったパンに気付けない小林君のことだ。

コウモリのことよりも、昼休みのサッカーの方に

意識を持っていかれてたんだろう。

ただ、当時一つ納得いかなかったことを

いまだに覚えてるんだけど・・・





小林君引いてたんだよね。




おまえが引いてんじゃねぇっ!って思いました。


子供は無知ゆえに恐ろしい。

大人は知っているがゆえに恐ろしい。

結局、世の中恐ろしい。


が怖いんやない。

人間が怖いんや。



あと、缶切りで開けたときの缶詰のケバケバ・・・




・・・あれも怖いんや。


|

« 老人と子供のポルカ | トップページ | マスコミの至らなさ »

コメント

うんち の部分が笑えました!!!

投稿: Nグループ ま | 2009年1月12日 (月) 23時12分

>Nグループ ま
うんちじゃなくてウンコね☆
「うんち」って生っぽくて、
あんまり使ったことありませんw
「ウンコ」の方が固そうで清潔な感じしない?
密かなこだわり乙。

投稿: イサザ | 2009年1月12日 (月) 23時26分

>イサザ&ま

お、おまいら......orz

連休最終日の最後のこのコメを見るとはwww

投稿: ぽこけけ | 2009年1月13日 (火) 00時24分

かなり笑いました。そしてかなり共感!
そして・・。タイムリー。。。

必ずクラスにいるよね、
小林君みたいな人。w

もはや、わたくしめは
カブトムシさえ触れない。
あれGのでかいバージョンにしか
見えないし。。

まえに言ったかもだけど、
小さい頃から毛虫が世の中で一番きらい。
理科の教科書にのってるアゲハの幼虫なんて
そのベージが怖くて開けなかったもん。。。

カンズメのケバケバもこわいよね!!!
うちのおかんがあれで手を切って
血だらけになったことが2回程あるから、
トラウマだよ。。

ところでコウモリの赤ちゃんてどんなの?!
とんでるのしか見た事ないだけん。。

投稿: もっち | 2009年1月13日 (火) 23時39分

>ぽこけけ
ウンコの話明けの仕事はやる気がおきないよ。
今週は大変そうだ。。

>もっち
コウモリと対面したらしいですね。
かわいくないよね~あれ。
絶対飼わない。

カブトムシって昔はかっこいいと思ったし、
いまもギリその感覚はあるんだけど、
触れと言われると・・・

「オレそういうんじゃないし。」

・・・と、軽めに断ってしまいそうだ。
別にカブトムシなら普通に触れるけどね。
なんか触るほどの価値を見出せないというか。

毛虫は劣悪だな。
それにかぶれてる奴も劣悪だ。
かぶれてんじゃねぇ!って思ってたw
木に登ったりしたんだろうね。

オレは思えば昔から、
あんまり汚れるのが好きじゃなかったわ。
当然、泥んこになって遊んでたけど、
それに対していい気はしてなかったw

投稿: イサザ | 2009年1月18日 (日) 21時24分

私は小さい頃から虫は嫌いだし怖いな・・・。
超田舎育ちだからそうは言っても接触する機会は毎日のようにあって、かなり辛
かった。
小学校の時は収穫の時期になると、マラソン朝礼、縄跳び朝礼と同じように、イ
ナゴ取りがデフォルトのようにすんなり朝礼の仲間入りしてて泣きながら田んぼ
で脅えてたもん。
結局6年間1匹も自力で取れなかったなぁ。友達に取ってもらっても、跳ね回るイ
ナゴの入った袋を持つのさえ気持ち悪かった・・・。
"子供は無知ゆえに恐ろしい。"には納得。
子達の虫や動物に対する態度で、かなり残虐に見えちゃうときがある。

投稿: mikey | 2009年1月19日 (月) 01時59分

>mikey
mikeyって田舎っぽいイメージないけどなぁ~
でかいサングラスしてる写真ちらっと観て以来、
まさに都会っ子っぽいイメージ。

朝礼にイナゴ取りがあるなんてすごいね!
虫って小さいくせに力あるのが引くよね。

オレの小学校では、
ザリガニを窓の間に置いて潰してる奴いました。
なんでそんなことするんだ・・・と、
子供ながら冷めてた自分に、いま拍手を送りたい。
そんな子供でよかった。

投稿: イサザ | 2009年1月25日 (日) 21時10分

あ~やっとコメントできました!なぜかこのサイトにくるとPCの動きがめちゃめちゃ鈍くなって時間がかかりすぎて読むだけ読んで断念状態でしたよ・・汗
気になっていたケンタッキーも【ケンタ再構築】ですっきり!すごい笑えました~☆
>だからこそ虫なんてものは日常そのものなんですよ。ゆえに怖くない。どころか楽しいお友達
なるほど~~なんだか凄い説得力?!納得しちゃいましたw
おもしろいのに、何気に納得しちゃうイサザワールドに今日も笑わしてもらいました~。
男の子を産んだ今、無邪気に虫を持ってくることを想像すると、今からおそろしや・・

投稿: ふるふる | 2009年2月 9日 (月) 23時02分

>ふるふる
まえにもそんなこと誰かから聞きました。
そんな中わざわざコメありがとうございます☆

ココログは不具合多いわ使いづらいわで
ついに移行することにしました。
軌道に乗るかわかりませんが、
世の中に言いたいことは尽きることがないと思うので
そっちでも変わらないと思いますw

男の子は虫持ってくるよ。
いまだにうちのオカンは次男が蟷螂の卵を
孵化させたときの話をします。

投稿: イサザ | 2009年2月11日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老人と子供のポルカ | トップページ | マスコミの至らなさ »